副業でネットショップ開業して半年。規模拡大のため仕入れ資金を100万円程調達したい

サラリーマンをする傍ら、副業として半年前にネットショップを開業して今は自宅の一室を使ってやくりくをしています。今後、ネットショップの規模拡大をしたいと思っていますが自己資金はほとんどゼロです。そこで、新たな仕入れ資金として100〜150万円ほど融資を受けたいと思っています。自己資金が全く無くても、どこかでお金を借りる方法は無いでしょうか?

.

仕入れ資金として、それだけのお金を調達する前に、果たして自社で取り扱っている商品に競争優位性があるのかどうかを、よく見極めることをオススメします。参考にしてみて下さい。

取り扱う商品に、競争優位性があるのかどうか?

「自己資金が全く無くても、どこかでお金を借りる方法は無いでしょうか?」とのことですが、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、サラリーマンという信用を活かして融資を引っ張ってくる方法はあります。また、一番簡単な資金調達の方法として親類縁者を口説く、という方法もあります。

 ただし、そもそも仕入れ資金として、それだけのお金を調達する前に、果たして自社で取り扱っている商品に競争優位性があるのかどうかを、よく見極めることをオススメします。

「ネットショップの規模拡大をするために仕入れ資金として100〜150万円ほど融資を受けたいと思っています…」とのことですが、

 例えば、

・無農薬野菜や有機野菜を作っている農家と提携している。
・地場でしか採れない幻の水を使ったお酒を扱っている。

 などなど。

 仕入れようとする商品に競合優位性がある。この場合は、ネットショップの規模拡大のために仕入れ資金として、100〜150万円を使って仕入れるのもアリです。作り込み次第で、調達したその資金を使って規模を拡大していくことができるでしょう。

優位性が無い場合、安易な資金調達は禁物です。

 一方で、誰でも扱えるような、商品自体に競争優位性が無いものを仕入れようとしている。この場合は、安易に資金調達してしまうのは禁物です。

・せっかく資金調達して仕入れを行っても全く売れない。
・在庫をと大きな赤字を抱えたまま終わってしまう。

 こうしたネットショップは本当に多くあります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、仮に扱う商品に競争優位性があまり無くても、豊富な資金をベースに販路を一括で購入してしまう。規模の経済を働かせて、1回あたりの仕入れコストを下げてしまう。

 こういった方法があるのも事実です。

 ただし、これはあくまで豊富な資金がある前提の話。

 もちろん100〜150万円という金額であれば、仕入れができるものもたかが知れています。1個1,000円の商品でも1,000〜1,500個の仕入れ。これくらいのロットでは、なかなか規模の経済を働かせることはできません。

 競争優位性の無い商品であれば、まず100〜150万円という資金調達はNGでです。

 資金調達をする前に、果たして自社で取り扱っている商品に競争優位性があるのかどうかを、よく見極めることをオススメします。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-22 | Posted in ネットショップComments Closed