アフィリエイトは最初は全く稼げない無給の期間があるものでしょうか?

これから副業でアフィリエイトで稼ぎたいと思っています。まずは月に5万円でもと考えています。ただ、やはりアフィリエイトで稼ぐとなると最初は全く稼げない無給の期間があるものでしょうか?即効性を求めるべきか、あるいは中長期で稼げる方法を選ぶできでしょうか?

.

やはり稼ぐ土壌を作るまで、やはり無給の期間に耐えなくてはいけない。これがアフィリエイトの特徴です。参考にしてみて下さい。

土壌を作るまで、無給の期間に耐える必要がある。

「やはりアフィリエイトで稼ぐとなると最初は全く稼げない無給の期間があるものでしょうか?」とのことですが、

 確かにアフィリエイトで月5万円を稼ぐことは可能です。しかし、この5万円を稼ぐ土壌を作るまで、やはり無給の期間に耐えなくてはいけない。これがアフィリエイトの特徴です。

・媒体を作るまでは本当に無給。
・一方で、いったん媒体が出来上がってしまえば、報酬は無限。

 これがアフィリエイトという分野です。

 土壌を作るまでは大変ですが、しっかりとした媒体が出来上がれば、月5万円しか稼げないということはあり得ません。そこから十分に報酬を伸ばしていくことができます。

即効性を求めるほど、差別化要因は少なくなる。

「即効性を求めるべきか、あるいは中長期で稼げる方法を選ぶできでしょうか?」とのことですが、アフィリエイトサイトやネットショップに限らず、商売全般に言えることですが、

 即効性を求めれば求めるほど、差別化要因は少なくなる。ライバルが多い中で、波乗りのように稼いでいくビジネスモデルになりがちです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、手っ取り早く作れるビジネスというのは、ライバルや競合にとっても手っ取り早く作れるビジネスを意味します。

・物販で言えばヤフオクなどプラットフォーム。
・アフィリエイトで言えば、検索連動型広告へのPPC広告。

 こういったプラットフォームを上手く活用すると、

・確かに参入は簡単であり、マネタイズも比較的簡単。スピード感もある。
・その一方で、競合はたくさん参入してくる。トレンドもどんどん変わる。

 こういった特徴があります。

最初に苦しいものは、作ることが差別化になる。

 反対に、

・物販で言えば独自ネットショップを作り上げること。
・アフィリエイトで言えば、SEOで上位表示するサイトを作ること。

 こういった、作り込むうえで最初に苦しい(無給の)期間に耐えなければいけないものは、

・耐えられない人がどんどん脱落するため、作ること自体が差別化になる。
・いったんしっかりとした媒体が出来上がれば、なかなか崩れない。

 こうした特徴があります。

「これから副業でアフィリエイトで稼ぎたいと思っています…」とのことですが、

・本業からの給料である程度は食っていける。
・無給の期間に耐えながらビジネスを作り込むことができる。

 こうした場合は、じっくりと媒体作りをするのも一つの方法です。一方で、スピード感を求める場合は、まずはプラットフォーム型の方法で成果を上げてみること。稼ぐ感覚を養ってデータを蓄積したうえで、しっかりとした媒体作りに取り組むのがオススメです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-18 | Posted in アフィリエイト, ネットショップ, ヤフオク, 稼ぐComments Closed