これからネットビジネスに参入するのはもう遅い?広く認知され過ぎてしまった?

輸入転売ビジネスやネットショップなど様々なネットビジネスを検討していますが、数年前であればまだ余地があったのかもしれませんが、最近ではネットビジネスも広く認知されています。これだけ多くの知られている状況で、これからネットビジネスに参入するのは、もう遅いですか?

.

全くそんなことはありません。個人がネットで販売する時代はまだ始まったばかりです。まだまだこれからの市場や業界です。

始まったばかり。まだまだこれからの市場や業界。

「これからネットビジネスに参入するのは、もう遅いですか?」とのことですが、全くそんなことはありません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、輸入に限らず個人がネットで販売する時代はまだ始まったばかりです。まだまだこれからの市場や業界です。

「数年前であればまだ余地があったのかもしれませんが、最近ではネットビジネスも広く認知されています。これだけ多くの知られている状況で…」とのことですが、これはネットビジネスに限った話ではありませんが、一般的に一つのビジネスモデルが広く認知される。すると、「もう既にこのビジネスは多くの人に知られているから、これから参入するのは遅い」。こうした誤解を生みます。

 しかし、ネットビジネスの市場規模をしっかり見てみるとよく分かりますが、まだまだその市場規模は拡大しています。既存業種の市場を食って、成長している部分もあります。

 ネットビジネスはまだまだこれからの業界です。

法規制も無い。やりたい放題のノールール状態。

 また、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、始まったばかりだからこそ、今はほとんど法規制も無い。言わばやりたい放題のノールール状態。

 確かにこういった状況は、これからこの業界や市場が拡大していくにつれて環境が変化していくでしょう。法規制など、どんどんと出てくると思います。

 また、今は有象無象の初心者が参入しても稼げる時代ですが、これから徐々に変化していく。しっかりとした会社でなければ稼げなくなってくる時代になることが予想されます。

 ただし、繰り返しになりますが、個人がネットで販売する時代はまだ始まったばかりです。まだまだこれからの市場や業界です。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-25 | Posted in せどり, ネットショップ, ネットビジネス, 転売, 輸入Comments Closed