タオバオで中国輸入。代行業者に商品仕入れを依頼した後の流れはどれが一番良い?

副業を色々と調べていく中で中国から輸入する、いわゆる中国輸入にいきつきました。商品を仕入れて販売する流れ(販路)について相談ですが、代行業者にタオバオからの商品仕入れを依頼するところまでは自分の中で決めています。その後の流れとして「A:日本人の代行業者に検品してもらい、AmazonFBAに納品」、「B:自宅に一旦発送。Amazonに登録。売れたら自宅から発送」、「C:自宅に一旦発送。自宅からAmazonFBAに納品」、「D:自宅に一旦発送。ヤフオクに登録&販売」という4パターンを考えています。どれが良いでしょうか。アドバイスお願いします。

.

この時点でどのパターンが最善かは誰にも分かりません。A〜Dまでの4パターンで実際にスプリットテストしてみること。また、プラットフォームからの逆算することもポイントです。併せて参考にしてみて下さい。

A〜Dの4パターンで実際にスプリットテストを。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、そもそも単純に小売から買って小売で販売する。差別化も付加価値も付けづらいタオバオを使ったせどりや転売は、あまり推奨できるものではありません。まずはこの事実を正しくご理解下さい。

 上記の前提を踏まえた上で「代行業者にタオバオからの商品仕入れを依頼するところまでは自分の中で決めています。その後の流れとして…」とのことですが、ざっくばらんな話をすれば、これだけパターンを考えているわけですから、全ての選択肢をテストしてみるのがオススメです。

 既にこれだけ自分自身の中でパターン(仮説)を作ることは素晴らしいことだと思います。ただし、ここでうんうん考えていても一向に答えは出ません。加えて、何を売るかによってデータは変わるため、この時点でどのパターンが最善かは誰にも分かりません。ですから、A〜Dまでの4パターンで実際にスプリットテストしてみることをオススメします。

・どのパターンが一番反応が取れるのか。
・どのパターンがどれくらいのアクセスが集まるのか。
・どのパターンが一番利益を最大化し、キャッシュインが早いのか。

 などなど。実際にテストしてみて、そのデータに基いて、次回以降の仕入れ戦略を立てていくこと。これをグルグルと循環させていくのが基本戦略です。

そもそもスプリットテストの選択肢を変更する…?

 ただし、一つ基本的なことを伝えるとすれば、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、輸入転売ビジネスに限らず、プラットフォームを使った物販をする場合は、その販路で売れている商品ありきで考えること。売れているものを仕入れることがポイントです。

 簡単に言ってしまえば、プラットフォームからの逆算がポイントということです。

 もちろんスプリットテストして頂くのが一番ですが、例えば販路だけで言えば、パターンA〜Cは最終的な販路が(日本の)Amazon。一方でパターンDだけヤフオクです。もし、Amazonで良く売れている商品を扱うのであればパターンA〜Cがより高い成果を上げることが考えられます。

 一方で、ヤフオクで良く売れている商品を扱うのであれば、パターンDが一番高い成果を上げる可能性が高く、そもそもスプリットテストの選択肢を変える(最終的な販路がヤフオクになる選択肢を増やす)必要性が出てくるかもしれません。

 このあたりも併せて参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-13 | Posted in Amazon, せどり, タオバオ, ヤフオク, 中国輸入, 転売, 輸入Comments Closed