アニメグッズで海外向け版権を獲得も大量に売れ残り。在庫を日本で転売できますか?

知り合いが海外に住むオタク向けに日本国内のアニメでとある国での版権を取りました。ポスターや関連グッズを作り販売しようとしてみましたが、全く売れず在庫の山を抱えています。商品の品質自体は問題ありませんが、これを日本人向けに正規のルートで転売できますか?国内での版権はありません。海外のネットショップから日本人向けに売れば問題ないでしょうか?アドバイスお願いします。

.

商品が売れない理由としては、そもそもこのアニメの関連グッズに需要が無かった。あるいは、ファンやそのコミュニティにリーチする努力が足りなかった。いずれかの理由が考えられます。もちろんこの状況で日本人向けに関連グッズを販売することは絶対にNGです。獲得したのはあくまで海外向けの版権だということをご理解下さい。

そもそも需要が無いか、リーチの努力が足りない?

 まず「ポスターや関連グッズを作り販売しようとしてみましたが、全く売れず在庫の山を抱えています…」とのことですが、商品が売れない理由としては

・そもそもこのアニメの関連グッズに需要が無かった。
・あるいは、ファンやそのコミュニティにリーチする努力が足りなかった。

 いずれかの理由が考えられます。

 まず「そもそもこのアニメの関連グッズに需要が無かった」に関して。当たり前ですが、そのアニメが版権を取った国で放映されていなければ、そもそも商品は売れません。

 例えば、日本人に対していくらインドで有名なアニメのキャラクターを宣伝しても、一向に売れません。そもそも知らないアニメのキャラクター商品を買う人は存在しません。

ダイレクトに告知する仕組みで間違いなく売れる。

 一方で、もし、

・そのアニメがその国で放映されている。
・その国でもアニメは、ある程度知られた存在である。

 こういった場合、必ずそこにはファンが存在します。

 この場合、「ファンやそのコミュニティにリーチする努力が足りなかった」ことが売れない理由だったと考えられます。

 日本のアニメは海外でも、かなり認知されている作品も多くあります。アニメ周りにファンがいるでしょうし、ファンの集まるコミュニティも存在するはずです。単純にそのコミュニティや属性にダイレクトに告知する仕組みがあれば間違いなく売れます。

単純にリーチする努力が欠けていた可能性が高い?

 この場合、ネットショップやサイト(媒体)を作って売るというよりも、ファンのコミュニティにダイレクトにコンタクトをとって売るのが鉄則です。

 ある程度認知されているアニメの関連グッズを取り扱っている場合は、単純にリーチする努力が欠けていた可能性が高いと思います。どんなに良いものでも、その商品が認知されなければ存在しないことと変わりありません。

 一方で、認知さえ出来れば、そこはブルーオーシャンな市場です。

・ある程度、熱狂的なファンやそのコミュニティが存在する。
・これまでその需要を埋めるだけの商品は存在しなかった。
・今回、版権を獲得したことにより、その需要を埋める商品が販売できる。

 こうした状況であればポスターであれDVDであれ、ただ認知させるだけで商品を売ることができます。

日本人向けにアニメグッズ販売は絶対にNGです。

「これを日本人向けに正規のルートで転売できますか?国内での版権はありません…」とのことですが、もちろんこの状況で日本人向けに関連グッズを販売することは絶対にNGです。

 獲得したのはあくまで海外向けの版権。その版権のまま日本で売れば完全にアウトです。

 また「海外のネットショップから日本人向けに売れば問題ないでしょうか?」とのことですが、海外向けの版権を持っているため、仮に海外サイトから日本人が購入した場合は問題無いかもしれません。外国語で書かれたサイトから勝手に日本人が買ってしまう。この分には今持っている版権の中でビジネスができるでしょう。

 ただし、例えば仮に海外のサイトでも日本語でサイトを立ち上げた場合は、その時点でNGになってしまう可能性が高いの出注意が必要です。おそらく「日本語で書かれたサイトは日本人向けの販売にあたる…」などといった条項が版権の中にも盛り込まれていると思います。どこまで許可されているものなのか、よく確認してから販売することをオススメします。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-13 | Posted in せどり, ネットショップ, ネットビジネス, 転売Comments Closed