アクセスがたくさんあるブロガーやアフィリエイターに商品を紹介してもらいたい場合は?

アクセスがたくさんあるサイトやブログを運営しているブロガーやアフィリエイターに商品を紹介してもらいたいと思っています。こうしたブロガーやアフィリエイターと提携したい場合、どうすればよいですか?エーハチネットなど大手のASPを使う方法もありますが、登録商品も多く、埋もれてしまうと思います。また、売ろうとしている商品は情報商材のようなものでもないので、インフォトップも合いません。また、そういった人たちを取りまとめている会社を通すと、年間数十万円以上も余計な費用がかかってしまいそうです。何か良い方法はありますか?

.

いたずらに認知度を上げようとするのではなく、見込み客となり得る人を明確にして、ピンポイントでオファーできる流れを作り出すことが重要です。参考にしてみて下さい。

繋がって紹介してもらうことは今解くべき解なのか

「アクセスがたくさんあるサイトやブログを運営しているブロガーやアフィリエイターに商品を紹介してもらいたいと思っています。こうしたブロガーやアフィリエイターと提携したい場合、どうすればよいですか…」とのことですが、

 前提条件として、そもそも

・アクセスをたくさん集めているブロガー
・アクセスが集まるサイトを運営しているアフィリエイター

 こういった人たちと繋がることで「果たして今抱えている問題が本当に解決できるのか?」という点を、しっかりと考えることが重要です。

 言い換えれば、「アクセスの多いサイトを運営しているブロガーやアフィリエイターと繋がることは、果たして今解くべき解なのか?」を疑うとも言えます

 というのも、

 確かにアメブロで人気の芸能人など、1日で何十万〜何百万PV(ページビュー)といった、一桁違うようなアクセス数を稼ぐ人と繋がる。

 それくらい大きな影響力を持つブロガー(やアフィリエイター)に自社の商品やサービスを紹介してもらうことができれば、集客効果がゼロということはあり得ません。

 商品やサービスの属性によっては効果的な集客に繋げることができるかもしれません。

大きな影響力を持つブロガーも存在するが…

いたずらに認知度アップを狙えば無駄なコストが…

 ただし、

・それほどの影響力を持つ人と繋がること
・さらに信用が問われる媒体で紹介してもらうこと

 こういったことを実現させようと思えば、当然、それ相応の費用を支払う必要があります。

 例えば、芸能人ブログで有名なアメブロが広告主向けに用意している提案資料(PDF)を見てみると、

 影響力のある芸能人にブログで商品について言及してもらう記事マッチ広告の価格は、一記事だけで40〜400万円。

 芸能人ブログのPV数や影響力のレベルによって価格は変動しますが、一記事辺り、これだけの広告費を支払いながら、費用対効果を合わせなければならない。

 資本が潤沢にある大手企業であればまだしも、限られた経営資源でやり繰りしなければならない中小企業や個人ビジネスの場合は、なかなか厳しいものがあります。

 これは別のよくあるご質問「ネットショップの認知度を上げる効果的な方法が知りたい。集客に困っています」でも紹介しましたが、

 いたずらに認知度をあげようとしてしまえば、無駄な労力やコストが生じてしまうもの。認知度の母数を増やせば増やすほど、かかるコストも増大になっていってしまいます。

ピンポイントで引っ張ってくる流れを作り出すこと

 そのため、重要となるのが無理に認知度の母数を増やすよりも、

・どういう人がお客さんになるのか
・どういう人が自社のターゲットになるのか

 この部分を明確にして、ピンポイントでオファーをして、引っ張ってくる流れを作ることです。

・本当に集めたいお客さんは誰なのか?
・そういった人はどこに集まっているのか?

 を明確にして、理想の見込み客が集まる場所で、属性の合った商品やサービスを紹介してもらうこと。これが基本です。

 例えば、あなたが何かFX関連の商品やサービスを自社で販売したいと思った場合。

 PV数やアクセス数は多いが、読者の属性がバラバラ(あるいは見当違い)な影響力がある人のブログで商品やサービスを紹介してもらうよりも、

・FXの攻略方法を教えているブログの運営者
・FXの最新情報を届けているメルマガの発行者
・FXで実際に稼いでいるTwitter上の有名人

 こういった人々と繋がって、そのフォロワーにアプローチしてもらうほうが、より効率良く自社の見込み客に近い属性の人々にアプローチしていくことができます。

微妙なズレであっても、効果的な集客に繋がらない

 もっと細かい話をすれば、同じFX関連の商材であっても、例えば、FXの口座開設をオファーしたいと思えば、まだFXに取り組んだことがない人がメインターゲットとなります。

 そのため、FXの攻略情報を集めている既存のプレイヤーよりも、

・FXに限らず、これから副業に取り組みたいと思う人
・本業とは別に副収入を増やしていきたいと思う人
・株式など投資全般に興味がある人

 こういった属性を集めていく必要があります。

 逆にFXを既に実践してるプレイヤーばかりを集めてしまえば、確かにカテゴリとしては似ているものの、既に取引口座を開設済みの人がほとんど。

 微妙なズレが生じるため、よほどのメリットを提示できない限り、スイッチングコストも高くつき、なかなか思うような成果を上げることはできません。

 同様に、あなたがもしFXの攻略情報を商品やサービスとして提供したい場合は、FXを始めていないユーザーよりも、

・既にFXに取り組んでいるプレイヤー
・しかし、なかなか思うように稼げていない人

 こういった人にピンポイントでリーチし、集客をしていかない限り、なかなか効率良く商品やサービスの販売につなげていくことはできません。

理想の見込み客が集まる場所はどこか?を見極める

 自社の見込み客となり得る人が読むであろう

・サイトやブログ
・Facebook、TwitterなどのSNS
・オンライン上のコミュニティ

 もちろん、ネットに固執することなくオフラインの媒体であっても

・雑誌
・書籍
・オフラインのコミュニティ

 などなど。

 繰り返しますが、まずは理想の見込み客が集まる場所を見極めること。

 そのうえで、属性の合った商品やサービスを紹介してもらうこと。これが基本です。

 こういった見極めをしっかりとやっていくと、

・属性がバラバラのアクセスを大量に集めているブロガー
・理想顧客とはズレのある集客をするアフィリエイター

 こういった存在よりも、より適切なパートナーを見つけることにも繋がっていきます。

狙ったワードで上位表示しているブログやサイトを

 例えば、前述のFXの攻略方法を教える商品やサービスを販売したいと思えば、

「FX 攻略」
「FX 稼ぐ方法」
「FX 稼げない」

 などなど。

 こうした検索クエリやキーワードで上位表示をしているサイトやブログを一つ一つリストアップしていくこと。

 そうすることで、仮にアクセス数はそれほど多くなくても、『自社の見込み客になり得る人が集まっている可能性の高い場』を見つけることに繋がります。

狙ったワードで上位表示しているサイトを…

 こうしたサイトやブログを見つけたら、丁寧にコンタクトをとって、商品やサービスの販売をリクエストしてみることです。

 ただし、ここで注意しておかなければならないのは、『そういった場は、競合にとっても魅力的な集客の場である』ということです。

 購買意欲の高いユーザーや、購買行動を促しやすいユーザーを集めている、いわゆる濃いお客さんを集客しているサイトの多くは、既にライバル企業からも提携の話が来ている場合が多くあります。

魅力的なオファーをしないと紹介はしてもらえない

 特に、稼げるキーワードや検索クエリで上位表示しているサイトの多くは(商材にもよりますが)、

・他社からも様々なオファーが来ている
・そのため、こちらも魅力的なオファーをする必要がある
・それなりにメリットが無いと新たに紹介してもらえない

 こういった点をよく理解しておく必要があります。

 こうした前提を踏まえたうえで、魅力的なオファーをするための方法としては、

 例えば、自社で提供している商品やサービスがしっかりとしたものであり、LTV(ライフタイムバリュー)も高いものであれば、

 別のよくあるご質問「ネットビジネスのフロントエンドとバックエンドって何ですか?」でも紹介しましたが、フロントエンド商品とバックエンド商品をしっかり作り込むこと。

 その上で、フロントエンド商品(顧客リストを獲得するための商品)が価格1万円であれば、1万円(かそれ以上)のアフィリエイト報酬を支払うこと。

 この辺り、「自社ネットショップに他社商品の掲載。マージンはどれくらいもらうべきですか?」の中でも紹介しましたが、

 結局、客付けをしてもらうことと同じなので、基本的には商品代金の100パーセント(あるいはそれ以上を)を支払う提携にすること。

 そうでない限り、なかなか相手を動かすことはできません。

報酬、成約率、顧客満足度。どれも高い商品なら…

 また、報酬面で違いを出すことに加えて、成約率や顧客満足度の点でも、競合他社と違いを作り出していくことが重要です。

・販売者が売りやすい商品作りに努めること
・アクセスが流れた時に成約率が高まる工夫
・紹介者の信用を崩さないよう、商品購入後も顧客満足度を上げていくこと

 こういった点が非常に重要となります。

 報酬、成約率、顧客満足度。どれも高い商品やサービスであれば、ブログやメルマガで見込み客を囲っている人たちも、紹介しやすくなります。

 また、自社の見込み客になり得る人々を集めている、あるいは囲っている人を見つけることができたら、メールなどで簡単なコンタクトを取るだけでなく

・実際に会える場合はオフラインでも会ってみる
・対面でしっかりと提案や交渉をしていく

 泥臭いですが、こうしたプロセスも非常に重要であり、そうした努力が結局のところ、より良いパートナーを見つけていくことに繋がります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事