副業で転売。一人でやるよりも情報交換できる仲間がいたほうが良いですか?

副業にまずは転売から取り組もうと考えています。一人でやるよりも情報交換できる仲間がいたほうが良い気がします。5人くらいのチームが作れれば情報も集まるし最強だと思います。どうでしょうか?

.

転売ビジネスをする上で仲間や友だちは必要ありません。むしろいないほうが良い、というのが本音です。

インターネットの本質は集合知ではなく集合愚。

「一人でやるよりも情報交換できる仲間がいたほうが良い気がします…」とのことですが、転売ビジネスをする上で仲間や友だちは必要ありません。むしろいないほうが良い、というのが本音です。

 また「5人くらいのチームが作れれば情報も集まるし最強だと思います」とのことですが、もちろん素人の方が5人集まったところで最強になりません。

 ネットの本質というのは集合知(多くの人の知識が蓄積したもの)ではなく、集合愚(多くの人による情報が集まることで誤った価値創出や運用がされてしまう事)です。平たく言ってしまえば、人が集まれば集まるほど、ろくな情報が出まわらないものとご理解下さい。

商材や教材でも、噂が噂を呼んで間違いが起こる。

 噂が噂を呼んで、間違いが起こる。ことネットビジネスではこういったケースをよく見かけます。ネットビジネス系の商材もまさにそうです。

・あくまで噂レベルで作られたものがパッケージ化され販売される。
・「◯◯は儲かる、□□は儲かる」と噂で聞いた話を検証もせずノウハウとして提供する。
・まるで検証したかのように振る舞って教材を販売することで、またそれがミスリードを呼ぶ

 こうした残念なケースを多く見かけます。

 実際にビジネスをしている人間から見ると一目瞭然ですが、こうした教材やノウハウは

・引用される数値が全く合っていません。
・コンバージョン率やアクセスに対する広告費も見当違いな数値です。

 あくまで噂レベルで作られたものに過ぎないのです。

転売は基本的に孤独に実績を積み重ねていくもの。

 また、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、せどりや転売で儲かる商品(あるいはその方法)というのは、パブリックな(公の)場で発表した瞬間に儲からない(価値の無い)ものになります。

「私はこうやって儲けました。この商品を売って儲けました。その全てを公開します」といった類のノウハウであれば、それが公開された時点でノウハウや情報自体に価値が無くなります。

 これは少人数でチームを組んで転売をする場合も同様です。転売というのは情報を出した(共有した)瞬間に全てが終わります。そのため、基本的には孤独にやっていくものです。

転売の素人が5人集まっても何も起こりません。

 孤独にやって実績を積み重ねる。例えば月に1,000万円稼ぐレベルの人が5人集まる。そうであればもはやプロの集団です。最強のチームになるかもしれません。しかし、そうでない限り、素人が5人集まっても何も起こりません。

 よく「ネットビジネスチーム」というようにグループや組織を作る人もいます。確かに、ASPアフィリエイトなどで、

・件数を獲得して広告主に交渉しやすい状況を作る。
・特別単価を得やすくする。

 そういった目的で販売者同士のコミュニティや組織を作る方法はありかもしれません。

 しかし、そうで無い限り、ネットビジネスをやるうえで下手に群れることやチームで何かしようとするのはオススメできません。

 実際、抜きん出て稼いでいる人をよく見ると分かりますが、彼らは群れていません。まずは孤独に実践して実績を積み重ねることです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事