ネットビジネスの成功者。なぜ最短で稼ぐことができるのでしょうか?コツはある?

ネットビジネスの世界では非常に早いスピードで稼いでいく人がいると思います。こうした人々は、なぜ最短で稼ぐことができるのでしょうか?そのコツのようなものがあれば教えて下さい。

.

最短で稼ぐためには、徹底的なフォーカスすること。加えて然るべき人に然るべき方法を教わるということが重要です。参考にしてみて下さい。

「最短で稼ぐこと」が何を意味するかと言うと…。

「ネットビジネスの世界では非常に早いスピードで稼いでいく人がいると思います。こうした人々は、なぜ最短で稼ぐことができるのでしょうか?そのコツのようなものがあれば教えて下さい…」とのことですが、

 まず最短で稼げるということは、何を意味するかと言うと

・今月の売上が、必ず前月の売上を上回ること。
・そして、来月は今月の売上をさらに上回ること。

 これを繰り返していくことを言います。

 言い換えれば、最短で稼ぐためには一回でも売上が沈んでしまってはダメ。

 例えば

・5月は500万円の売上が立った。
・でも6月は200万円しか売れなかった。
・7月は50万円しか売れなかった。

 こういったケースは、最短でも何でもないということ。

 いくら5月に単月で500万円の売上を上げたとしても、常に駆け上がらない限り、最短で稼ぐという状況を作りだすことはできないことを、ご理解下さい。

雑念を消し徹底的なフォーカスをすることが重要。

 こういった前提を踏まえたうえで、なぜネットビジネスで最短で稼げる人がいるのか。

 その大きな理由として、雑念を消して徹底的なフォーカスをすること。これが非常に重要なポイントとなります。

 例えば、ネットオークションで稼ぐのであれば、

・ネットオークションで利益を取ることだけに徹底的に集中すること。
・金主義というか、いかにオークションで儲けを出せるかに集中すること。

 こういったことが非常に重要です。

 一方で、多くの人はこれができないために最短で稼ぐことができていません。

・様々な情報に振り回されてしまう。
・受け取る情報量をコントロール出来ずに、気が散ってしまう、集中できない。

 こういった状況に陥っています。

 しかし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ネットビジネスでは、ある程度、自分で受け取る情報量をコントロールすること。取捨選択していくこと。気が散ってしまうもの。ビジネスに集中できなくなるもの。現在、取り組んでいる事業を妨げるような情報。こういったものは、あえて購読解除する。フォローを外すなどしていくことが重要です。

 私自身、何かの事業に集中しようと思えば、あえてそれ以外の情報を遮断することを心がけています。

 例えば、然るべき人に教わって、物販系のビジネスを掘り下げていこうと思う。この場合、

・物販ビジネスと関係の無いものは、一切情報を遮断する。
・然るべき人に教わることができるなら、その人以外の教材は買わない。
・成功事例を数多く持つ然るべき人から、徹底的に学んでいく。

 こういったアプローチをとることが賢いやり方です。

いくらうまみの大きい儲け話でも、手を出さない。

 これは何も個人レベルのビジネスに限った話ではありません。事業レベルでビジネスをする場合にも、この考え方は非常に重要です。

 特に、自分自身が会社経営をしてみるとよく分かりますが

・会社をやっていると、様々な儲け話が舞い込んでくる。
・一見すると、手を出さないと大きな機会損失につながりそうな儲け話もある。

 こういったことは日常茶飯事です。

 一方で、何かフォーカスして取り組んでいる事業がある場合。

・その事業がある程度、軌道に乗る。
・人に任せることができるほどに、仕組み化できる。

 こういった状況になるまでは、いくらうまみの大きい儲け話であっても手を出さないこと。こういった判断が非常に重要です。

 最短で稼ぐには、フォーカスすること。加えて別のよくあるご質問でも紹介しましたが、マーケティング、ブランディング、セールス、コピーライティング、宗教、哲学。ありとあらゆるものをミックスして原理原則に落とし込む。それをビジネスに当てはめていくことが出来る。然るべき人に教わること。こういったアプローチが非常に重要です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-10-13 | Posted in ネットビジネス, 情報商材、塾、教材, 稼ぐComments Closed