ビジネスの成功者。なぜわざわざオンラインサロンやコンサルティングを募集するの?

ネットビジネスで成功して収入にも困っていないような経営者や起業家。本業は別にあって、本業で十分に儲けているのに、メルマガやオンラインサロン、コンサルティングを募集するような場面を見かけます。彼らは、金銭的にはこれ以上必要ないにも関わらず、なぜわざわざオンラインサロンやコンサルティングを募集するのでしょうか?

.

そのモチベーションの根源は、シンプルに「自分と同じ思考で話せる人間が欲しい」という点に尽きます。参考にしてみて下さい。

自分と同じ思考で話せる人間が欲しいという点。

「ネットビジネスで成功して収入にも困っていないような経営者や起業家。本業は別にあって、本業で十分に儲けているのに、メルマガやオンラインサロン、コンサルティングを募集するような場面を見かけます…」とのことですが、

 たしかにコンサルティングや情報発信ビジネスを生業として、それだけで食っている人がいる一方で、

・コンサルティングやサロンはあくまで本業ではない。
・積極的に募集はせずに、良い人がいれば少人数でサービスを引き受ける。

 こういった人がいるのも事実です。

 もっと言えば、ある程度稼いでいる経営者や起業家が、その別の側面としてコンサルティングをやっている、というケースも少なくありません。

 こういった前提を踏まえた上で、「金銭的にはこれ以上必要ないにも関わらず、なぜわざわざオンラインサロンやコンサルティングを募集するのでしょうか?」とのことですが、

 確かにこういった人は別にコンサルティングやオンラインサロンをしなくても、十分な収入が確保できるもの。はっきり言って、それをビジネスとして行って、大きく稼ごうという気は、ほとんどありません。

 では、なぜわざわざコンサルティングを募集しているのか。これは非常に明確で、シンプルに言えば「自分と同じ思考で話せる人間が欲しい」という点に尽きます。

喋れる相手が欲しいという感情が芽生えた結果。

 ある程度、成功している経営者や起業家にとって、自分と同じ思考で話せる人は絶対数として少ないもの。

 仮にいたとしても

・その相手は忙しすぎて時間がとれない。
・働き過ぎていて、とても話し相手には成り得ない。

 こういったケースがほとんどです。

 そのため、

・一緒に焼き肉を食べながらビジネスの話をしてくれる。
・自分が知らなかった視点、知らない世界を教えてくれる。
・ある特定のクラスタの人間がどういう感情で、どういう風に動くか教えてくれる。
・自分が言ったことに対して突っ込みができる。別の視点や切り口から話をしてくれる。

 こういった相手は非常に貴重な存在です。

 私自身、様々な人にビジネスを教えていく中で、

・出会ってから、かなり成長して対等に話ができるようになる。
・同じ思考レベルで話ができる関係性になる。

 こういった人もいます。そして、こうした人はやはり貴重な存在です。

 働いてお金を稼ぐことを考える経営者や起業家がいる一方で、仕組みを作って仕組み化でお金を稼ぐことを考える起業家もいます。

・後者の多くは働かなくても、それなりにお金が入ってくる。経済的、時間的自由を手にしている。
・そのため単純に喋れる相手が欲しいという感情が芽生える。
・結果として、メルマガやブログ、オンラインサロンなどで情報発信をする。コンサルティングを募集する。

 こういった行為に繋がっていくケースが多くあります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-10-12 | Posted in ネットビジネス, 情報商材、塾、教材, 稼ぐComments Closed