転売ビジネス。商品リサーチの過程を全てエクセルでグラフ化しながら分析って必要?

先日、転売ビジネスをやっている知り合いと話していた中で、商品リサーチの過程を全てエクセルでグラフ化しながら分析するという話を聞きました。そういった分析にかなり時間を注いでいるとも聞きましたが、やはりこういったデータをしっかりと視覚化して分析をしていくという行為無しには転売ビジネスで稼ぐことはできないのでしょうか?

.

自分にとって分かりやすい。利益に直結する作業になっている。こういった状態であれば、全く問題ありません。一方で、そうでない場合は、決してオススメできる方法ではありません。参考にしてみて下さい。

分析が利益に直結する作業になっているなら…。

「こういったデータをしっかりと視覚化して分析をしていくという行為無しには転売ビジネスで稼ぐことはできないのでしょうか?」とのことですが、

 転売ビジネスのリサーチ過程をエクセルでグラフ化してくやり方も、

・その方法が自分にとって分かりやすい。
・利益に直結する作業になっている。

 こういった状態であれば、全く問題ありません。データを蓄積して分析するというアプローチも、決して悪いものではありません。

 ただし、

・そのグラフを作る作業やデータをまとめる作業自体で自己満足をしてしまっている(仕事をしているような気分になってしまっている)。
・あるいは、その行為が利益に直結する作業になっていない。

 こういったケースであれば、あまりオススメできるやり方とは言えません。

データの読み方も様々な方法があるということ。

 もっと言えば、グラフというのは要するに統計。データや変数の問題になります。

・導き出されたデータが合っているのか。
・変数や、そこに出てくる係数はあっているのか。

 こういった問題がより重要となります。そのため、商品リサーチの過程を綺麗にデータ化していくやり方が正しいかどうかは、このデータの扱い方次第。慣れない人が真似したところで、成果が出るかどうかと言えば、なかなか微妙です。

 確かに転売ビジネスでは「データを見ながら商品を探しましょう」といったことが言われます。

 しかし、決してデータが全てではないということ。また、データの読み方自体も様々な方法があるということを、正しくご理解下さい。

 データからどうやって筋道を立てて、販売(セールス)という部分につなげていくのか。これをしっかりと作れるようになってからでない限り、いくらデータだけ蓄積したところで、それを活かすことはできません。また、そういったデータの蓄積は、その行為自体が無駄な時間になっている可能性があるため注意が必要です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-10-06 | Posted in せどり, 中国輸入, 無在庫, 稼ぐ, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed