転売ビジネスで高単価を選ぶ理由は値引き交渉がしやすいからですか?

知り合いが5万円程度の高単価商品をメインにヤフオクなどで転売ビジネスをしていると聞きます。高単価のものを選ぶ理由は、やはり値引き交渉がしやすいためですか?

.

転売に限らず、それなりの規模で物販ビジネスをやっている人間からすると、多くの転売プレイヤーが価格交渉をしたがる。この事実が、正直言ってかなり疑問です。売る時に交渉するならまだしも、買う時に交渉する。これは、なかなか不思議な行為です。参考にしてみて下さい。

転売ビジネスでは価格交渉自体がナンセンスです。

「高単価のものを選ぶ理由は、やはり値引き交渉がしやすいためですか?」とのことですが、

 前提として、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、転売ビジネスは、本来であれば価格交渉を必要とせず成立するもの。反対に、価格交渉ありきでないと成り立たないようでは、その取引自体やめるべきです。売る商品もタイミングも常に変わるものが転売というビジネス。そもそも価格交渉を持ち込むこと自体が、ビジネスモデルと合っていないことをご理解下さい。

 また、これも別のよくあるご質問でも紹介しましたが、個人の転売ビジネスは「いかに安く商品を仕入れることができるか」だけでなく「いかに付加価値を付けて、高く商品を販売することができるのか」を考えることが非常に重要です。

 転売ビジネスにおいては、価格交渉自体がナンセンスな行為であることを、正しくご理解下さい。

買う時に交渉する。これはなかなか不思議な行為。

 転売に限らず、それなりの規模で物販ビジネスをやっている人間からすると、多くの転売プレイヤーが価格交渉をしたがる。この事実が、正直言ってかなり疑問です。売る時に交渉するならまだしも、買う時に交渉する。これは、なかなか不思議な行為です(かなり面倒臭いものです)。

 私自身、物販ビジネスを多く経験していますが、基本的に価格交渉というものは行いません。交渉が必要になるとしても、それは売る時のみ。少なくとも買う時には交渉しないものです。

 おそらく、価格交渉ありきで転売をするプレイヤーの多くは

・結局のところ、消費者思考のままビジネスをしてしまっている。
・消費者が「これ安くしてよ」と値引きを求める感覚で交渉している。
・価格コムで安いものを買うように一方的に値引きを求める。

 こういったケースが多くあると思います。ただし、はっきり言ってこれはビジネスではありません。

安く仕入れて高く売るはビジネスの鉄則ですが…。

 もちろん、安く仕入れて高く売ることはビジネスの鉄則です。そのための交渉も必要でしょう。

 ただし、こうした交渉はあくまで互いがプラスになる場合にのみ。例えば、今まで仕入れていた実績をもとに、仕入先にも今後メリットがある前提で価格交渉をする、などなど。これが本来の在り方と言えます。

 また、仮に交渉をする場合でも、例えば、

・納期の部分でもう少し早く送ってもらうことは出来ないか。
・もう少し回転率を上げて、互いに売上を伸ばすことはできないのか。

 などなど。価格面以外の部分がより重要であり、伝えるべきことです。

 この辺り、別のよくあるご質問「転売ビジネスで仕入れの際に上手く価格交渉するコツがあれば教えて下さい」や「転売ビジネス。利益率を伸ばすには価格交渉して仕入れ値を下げるしかない?」の中でも、同様のご質問を詳しく紹介しています。

 併せて参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-10-03 | Posted in せどり, ヤフオク, 中国輸入, 転売, 輸入Comments Closed