転売ビジネス。どこまで先の未来予測をして商品の仕入れや販売に活かすのですか?

転売ビジネスでは、過去や現在のデータから、ある程度未来予測をして商品の仕入れや販売に活かせるという話を聞きました。実際にどの程度先の情報まで見極めているのでしょうか?

.

基本的には一歩先か半歩先。モデルチェンジが繰り返されるものであれば次期モデル。シーズンものであればワンシーズン先取りするくらいのイメージです。参考にしてみて下さい。

基本的には一歩先か半歩先くらいのイメージまで。

「転売ビジネスでは、過去や現在のデータから、ある程度未来予測をして商品の仕入れや販売に活かせるという話を聞きました…」とのことですが、

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、転売に限らず価格差を見つけて利ざやを稼ぐアービトラージの分野においては、縦堀、横堀、時間軸という一つのリサーチ方法(概念)が非常に有効であり、特に、時間軸を見極めることで、ある程度未来予測をして商品の仕入れや販売に活かすことができるという話を紹介しました。

 上記の前提を踏まえた上で、「実際にどの程度先の情報まで見極めているのでしょうか?」とのことですが、基本的には

・一歩先か半歩先くらいのイメージ。
・モデルチェンジがあるものは、次期モデル程度までの未来予測。

 こういったイメージです。

遠すぎる未来予測は不確定すぎる。精度も落ちる。

 未来予測と言っても、

・遠すぎる未来を予測しても不確定すぎるもの。
・そもそもリサーチにならず、予測の精度も下がってしまう。

 例えば、現在iPhone6しか出ていないにも関わらず、iPhone100(ハンドレッド)を想定しても、あまり意味を持たないわけです。

 そのため、基本的には一歩先か半歩先。モデルチェンジが繰り返されるものであれば次期モデル。シーズンものであればワンシーズン先取りするくらいのイメージです。

 時間軸の見極め方に関しては、別のよくあるご質問「転売ビジネスのリサーチで縦堀、横堀、時間軸の時間軸がよく理解できません」や「転売ビジネス。商品がいつまで売れるのか。賞味期限をどうやって見極める?」の中でも詳しく紹介しています。

 併せて参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-30 | Posted in せどり, 中国輸入, 無在庫, 稼ぐ, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed