仕入れ値500円の商品。利益減につき価格交渉で仕入れ値450円まで下げたいです。

個人で転売ビジネスをしています。今まで、500円で仕入れていた商品がありましたが、利益が減ってきてしまい、できれば仕入先と価格交渉して450円まで仕入れ値が下げられないかと検討しています。こういった場合、どういった提案の仕方で仕入れ値を下げる交渉ができるでしょうか。アドバイスお願いします。

.

こういった利益の出し方、積み上げ方は、メーカーや大企業が行うビジネスモデルであり、個人の転売ビジネスがやるべき行為ではありません。参考にしてみて下さい。

個人の転売ビジネスとして完全に間違ったやり方。

「今まで、500円で仕入れていた商品がありましたが、利益が減ってきてしまい、できれば仕入先と価格交渉して450円まで仕入れ値が下げられないかと検討しています…」とのことですが、

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、転売ビジネスは、本来であれば価格交渉を必要とせず成立するもの。反対に、価格交渉ありきでないと成り立たないようでは、その取引自体やめるべき。売る商品もタイミングも常に変わるものが転売というビジネス。そもそも価格交渉を持ち込むこと自体が、ビジネスモデルと合っていないということ。

 また、価格交渉しなければ利益が出ないということは、はっきり言ってしまえば、もはや埋めるべき価格差が、そこには無い。埋めるべき価格差がなければ、その作業自体にも価値が無い。既に供給が足りているということであり、もはや転売屋の出る幕ではない。

 これが前提です。

メーカーや大企業が行うビジネスモデルです。

 前述の前提を踏まえると、

・500円で仕入れていたものを価格交渉して450円にする。
・その50円の利益を取りにいく。そうやって利益を積み上げていく。

 この行為は完全に個人の転売ビジネスのやり方としては間違っていることが、ご理解頂けると思います。

 こういった利益の出し方、積み上げ方は、メーカーや大企業が行うビジネスモデルであり、個人の転売ビジネスがやるべき行為ではありません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、転売ビジネスに限らず、個人ビジネスが勝とうと思ったら、キーワードとなるのは少数暴利。なるべく少ない数で、大きな利益を狙うこと。これが基本とも言えます。一方で、こういった薄利多売なやり方では個人ビジネスは、なかなか大企業に勝つことができません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-30 | Posted in せどり, 中国輸入, 無在庫, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed