転売ビジネスの商品リサーチや仕入れ判断は、最終的には勘なのでしょうか?

転売ビジネスの商品リサーチや仕入れ判断は、最終的には勘なのでしょうか?

.

転売ビジネスや、その商品リサーチに限らず、ビジネス全てに言えることですが、最終的な判断は勘かどうかと言えば、やはり勘に頼る部分は大きい。これが正直なところです。参考にしてみて下さい。

最終的な判断は、やはり勘に頼る部分が大きい。

「転売ビジネスの商品リサーチや仕入れ判断は、最終的には勘なのでしょうか?」とのことですが、

 転売ビジネスや、その商品リサーチに限らず、ビジネス全てに言えることですが、最終的な判断は勘かどうかと言えば、やはり勘に頼る部分は大きい。これが正直なところです。

 会社経営でも副業でも、お金が絡むものは全てビジネスであると考えた場合、ビジネスで何らかの判断を下す場合、

・理詰めや理論でいく(判断する)部分。
・最終的に感性でいく(判断する)部分。

 この2つがあると個人的には思っています。

 理論でいく部分というのは、例えば、

・思考を頭の中にインストールすること。
・ビジネス自体のマップを頭の中に作っていく作業。

 こういった部分が理詰めの部分であり、理論の部分と言えます。

答え(勘)を導き出す経験値を徹底的につける。

 一方で、最終的に未来というのは不確定なもの。誰にも分からないものです。そうなると、やはり最終的には感性で判断するしかない。「最終的な判断は勘なのか?」と聞かれれば、その通り。経験値から導き出された勘に頼る他ありません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ビジネスというものは「不確定な要素の中で暫定的な最適解を見つけていくもの」。日々条件が変化し、複雑に絡み合う方程式のようなものです。その中で未来永劫使える100パーセントの正解というものは存在しません。

 そのため、繰り返しになりますが、転売ビジネスや、その商品リサーチに限らず、ビジネス全てに言えることですが、最終的な判断は勘かどうかと言えば、やはり勘に頼る部分は大きい。これが正直なところです。

 また、そういう意味でも

・その答え(勘)を導き出す経験値を徹底的につけること。自分に体に覚え込ませること。
・思考をインストールしたうえで、技術を体得すること。

 こういったことが重要になるとも言えます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-29 | Posted in せどり, 中国輸入, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed