売れる情報商材を作るならプロダクトアウトよりマーケットインの発想が重要ですか?

売れる情報商材を作りたいと思えば、プロダクトアウトよりマーケットインの発想で、流行りそうなジャンルありきで商材を作るべきですか?例えば、2013年頃には輸入ビジネス系のノウハウや商材、塾などが多くあったと思いますが、これらはどれもマーケットインの発想ですよね?やはりこうしたやり方が主流なのでしょうか。

.

マーケットイン的な発想で、時流に合わせたノウハウの販売する方法は、売りやすいという意味では、確かに効果的かもしれません。ただし、個人的にオススメな方法は、やはり、自分自身に実力をつけたうえで、そこから生み出されたノウハウや知識を販売すること。自分なりの知識や体験を得て、自分でしか語れないストーリーを紡ぎだすことです。参考にしてみて下さい。

マーケットイン的な発想も一つのやり方ですが…。

「売れる情報商材を作りたいと思えば、プロダクトアウトよりマーケットインの発想で、流行りそうなジャンルありきで商材を作るべきですか?」とのことですが、

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、(全くオススメできる方法ではありませんが)時流に合わせた(流行っている)ノウハウをパッケージ化して販売する。いわゆるマーケットインの発想も一つのやり方です。

「2013年頃には輸入ビジネス系のノウハウや商材、塾などが多くあったと思いますが、これらはどれもマーケットインの発想ですよね?」とのことですが、確かに2013年頃であれば「輸入ビジネス」というのは、ネットビジネス業界における、一つのトレンド。

・「輸入ビジネス」という名前がついているだけで売れる。
・そのトレンドに乗るだけで、それなりに教材やノウハウが売れる。

 こういった状況にあったのは事実です。実際、いわゆるマーケットインの発想で関連する様々な商材やノウハウが出まわりました。

 同様に、

・Facebookを攻略することが流行れば、関連のノウハウや商材が溢れかえる。
・LINEを攻略することが流行れば、LINE関連の教材やセミナーが多くなる。
・YouTubeを攻略することが流行れば、関連の塾やコンサルが多くなる。

 などなど。

 こういったトレンドがあること。そのトレンドに乗って転売ビジネス的にノウハウを販売するというやり方は、一つの方法です。

知識や体験から自分しか語れない物語を紡ぐこと。

 これは、ビジネス書業界において、

・ドラッカーの本が流行ればドラッカーの関連書籍が売れる。
・ピケティの本が流行れば、その解説本が売れる。

 こういった現象に似ているとも言えます。

 マーケットイン的な発想で、時流に合わせたノウハウの販売する。こういった方法は、売りやすいという意味では、確かに効果的かもしれません(一番を取らない限り、売上には限界がありますが…)。

 ただし、プロダクトアウトというわけではありませんが、個人的にオススメな方法は、やはり、自分自身に実力をつけたうえで、そこから生み出されたノウハウや知識を販売すること。自分なりの知識や体験を得て、自分でしか語れないストーリーを紡ぎだすこと。

 こういった商品の作り方や売り方がオススメです。

 この辺り、別のよくあるご質問「どうすればインフォプレナー(情報起業家)として成功できますか?」の中でも同様のご質問を詳しく紹介しています。

 併せて参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-27 | Posted in 情報商材、塾、教材Comments Closed