Amazonやヤフオクのせどりで年商は500万円程度。稼いでいる部類に入るのでしょうか?

Amazonやヤフオクを使って、いわゆるせどりビジネスをしてます。せどりだけで年商は500万円程度。この500万円はせどりで稼ぐ中で売れ残った在庫(ゴミ)のようなものなので、ほとんど利益です。このくらいの金額までいくことはある程度稼いでいる部類に入るのでしょうか?

.

個人で年間500万円の売上は、なかなかの数字だと思います。せどりだけでこれだけの売上をあげるというのは、かなり凄いことです。

個人で年間500万円の売上はなかなかの数字です。

「このくらいの金額までいくことはある程度稼いでいる部類に入るのでしょうか?」とのことですが、相対的に儲かっているかどうかという意味では、個人で年間500万円の売上は、なかなかの数字だと思います。

「Amazonやヤフオクを使って、いわゆるせどりビジネスをしてます…」とのことで、実際どのようにビジネスをしているのか分からないですが、せどりだけでこれだけの売上をあげるというのは、かなり凄いことです。

 加えて「500万円はせどりで稼ぐ中で売れ残った在庫(ゴミ)のようなものなので、ほとんど利益です…」とのことですから、

 おそらく、

・1,000万円を仕入れて、1,500万円で売り、利益500万円を出す。
・ただし、仕入れた1,000万円の商品のうち、商品在庫がまだ200万円ほど残っていた。
・これを再度販売して、さらに年間500万円を売った。

 こういった流れで作り出された500万円だと思います。

 仮に、こういう状況であれば、500万円がほぼ全部利益。既に回収したお金、原価がゼロに近いところから500万円を生み出しているわけですから、ビジネスとしてはかなり上手くやっている部類に入るのではないでしょうか。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-04 | Posted in Amazon, せどり, ヤフオク, 稼ぐComments Closed