プレゼンやスピーチ。人前で喋るのが上手い人と、その原稿が書ける人は違いますか?

将来的に起業を考えています。そこで質問ですが、ビジネスではプレゼンやスピーチ能力が求められると聞きますが、人前で喋るのが上手い人と、その原稿が書ける人は違いますか?

.

人前で喋ることと、その原稿を書ける人。両者は全く別物。分業が求められる作業です。参考にしてみて下さい。

喋ることと原稿を書くこと。両者は全く別物です。

「ビジネスではプレゼンやスピーチ能力が求められると聞きますが、人前で喋るのが上手い人と、その原稿が書ける人は違いますか?」とのことですが、

・人前で喋ること、つまりパブリックスピーキングが上手い人。
・その原稿を書ける人、つまりスピーチライティングが上手い人。

 両者は全く別物。分業が求められる作業です。

 実際、パブリックスピーキングが上手いオバマさんの演説の裏には、その原稿を書く20代の名スピーチライターの若者がいる。彼らは分業で素晴らしい演説を作り出している。これは、かなり有名な話です。

スピーチライターになっていれば、日本有数の…。

 私の知り合いにも、スピーチライターになっていれば、日本有数であろうというコピーライターがいます。

 この人は、喋ること自体はそれほど上手くない。おそらく、スピーチをして何か商品を売ろとしても、なかなか売ることはできません。

 一方で、その原稿を書くこと、つまりスピーチライティングをさせれば、なかなかのものです。そのため、文章を書くことだけで大きく稼ぐことができています。

 仮に、スピーチライティングが得意な彼が書いた原稿を、パブリックスピーキングが上手い人が喋る。そうやって分業をすることができれば、さらに効果的に商品の販売をすることは可能だと思います。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-22 | Posted in コピーライティング, 稼ぐ, 起業、独立Comments Closed