ネットビジネスを勉強している中で、ベネッセが最強の情報商材会社だと聞きました。

ネットビジネスを勉強している中で、ベネッセが最強のコンテンツ販売会社(情報商材会社とも)だと聞きました。なぜベネッセは最強なのでしょうか?脱DM路線で行くと聞きましたが、どうなんでしょうか?

.

ベネッセが本質的にやっていることは、過去問の編集や情報の中抜き。にもかかわらず、年商は4,000億円以上ある。この内容で、この売上というのは、かなりエグい。やはりベネッセは最強の情報商材会社と言えます。参考にしてみて下さい。

この内容で、この売上は、かなりエグいと言える。

「ネットビジネスを勉強している中で、ベネッセが最強のコンテンツ販売会社(情報商材会社とも)だと聞きました…」とのことですが、

 チャレンジや進研ゼミの中身を見てみると、よく分かりますが、言ってしまえば、これらのコンテンツは過去問を単に編集しただけ。

・新たにオリジナルの問題をたくさん作って配信する。
・新しい啓発などをしていく。

 こういったことは基本的にしません。

 また、自社のマガジン(雑誌)を作り、先輩の体験レポートを取り寄せるなどできますが、これも結局やっていることは情報の中抜き。

 加えて、料金も月に5,000〜1万円などと、決して安くはない。

 本質的に、やっていることは過去問の編集や情報の中抜き。にもかかわらず、実際、ベネッセは年商4,000億円企業。この内容で、この売上というのは、かなりエグいとも言えます。

最強の情報商材会社と言っても、間違いではない。

 こういった要素を踏まえても、かなり儲かっている(あるいは今後も儲かる)ことが分かります。最強のコンテンツ販売会社、あるいは情報商材会社と言っても間違いではないでしょう。

 また、「脱DM路線で行くと聞きましたが、どうなんでしょうか?…」とのことですが、ベネッセが脱DM路線に方向転換しているのは、あくまでダイレクトメールを使った新規会員募集。既存顧客に対しては変わらずダイレクトメールを送るのが彼らのビジネスモデルです。

 この路線変更もどのくらいビジネスモデルが崩れるのかによって、また復活する可能性はありますが、それでもなお、彼らには集客面での強みがあります。

 例えば、進研模試。公立高校の7〜8割に食い込んでいるとも言われ、彼らの新規集客における最大の強みにもなっています。IRなど詳しく見てみないと、何ともいえませんが、簡単にそのビジネスモデルが揺らぐとも思えません。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-21 | Posted in ネットビジネス, 儲かる, 情報商材、塾、教材Comments Closed