ネットビジネスで実績を盛る行為。稼いでいるように見せることは違法行為で捕まる?

ネットビジネス業界には、実際にそれほど稼いでいないにも関わらず実績を盛る。儲けているように見せてノウハウや情報を販売する輩がいますが、こうした行為は違法行為として捕まらないのですか?

.

実際は、あまり稼いでいないにも関わらず、稼いでいると実績を盛ってしまう。こういった行為が、いったい何罪にあたるのか?と言えば、なかなか難しいところです。参考にしてみて下さい。

何罪にあたるのか?は、なかなか難しいところ。

「こうした行為は違法行為として捕まらないのですか?こうした行為は違法行為として捕まらないのですか?」とのことですが、

 実際は、あまり稼いでいないにも関わらず、稼いでいると実績を盛ってしまう。こういった行為が、いったい何罪にあたるのか?と言えば、なかなか難しいところです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、過去には、いわゆるネオヒルズ族と呼ばれた人の中に、たまたま単月で1,000万円稼ぐ。それを単純に12倍して、年収1億2,000万円稼ぐ◯◯と言ってしまう。あるいは、たまたまローンチがあたって単月で2,000万円稼ぐ。それをテレビの中で「先月ベースでいけば年収は2億円です」といってしまう。こういった残念な輩がいたことも事実です。

 ただし、こうした人々も結局のところ、実績を盛ったことで逮捕されるわけではない。この事実からも、

・仮に実績を盛ったとしても、なかなか違法行為として逮捕に繋がらない。
・そういったケースは、ほとんど無い。

 こういったことが分かります(なかなか微妙な問題です)。

実績を盛っている営業マンは数多くいますが…。

 ネオヒルズ族以外にも、ネットビジネス系の人の中には、程度の差はあれ、自分自身の実績を盛りまくっている人は山のようにいます。また、いわゆるネットビジネス業界以外でも、実績を盛っている営業マンなどは数多くいます。

 こういった人々が全員捕まるかと言えば、これもまた微妙なところです。

 営業マンの中には、商談の中で

「この商品は本当に凄いんです」
「この商品を導入してもらえれば御社は安泰ですよ」

 こういった、いわゆる営業トークを使う人は少なくありません。

 もちろん、普通に考えて、

・一つの商品を導入しただけで会社が安泰なんてことはあり得ない。
・営業トークと言えど、完全に話を盛ってしまっている。

 ただし、こうした何かを盛った営業トークをすることが違法行為につながるか?というと、やはり実際はなかなか難しいものがあります。

 商品を提供すると言っておきながら、提供しない。お金だけ振り込ませて、商品を納入しないなど。明らかな違法行為とは違い、なかなか微妙な問題であるとご理解下さい。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-21 | Posted in ネットビジネス, 情報商材、塾、教材, 稼ぐComments Closed