プロダクトローンチで使われるセールスレター以外にお手本となるものはありますか?

ネットビジネスやアフィリエイトに使えるコピーライティングやセールスレターについて色々と学んでいます。特にセールスレターを学ぶうえで、売れているものから学ぶことが手っ取り早いと考え、お手本として、稼ぐ系のノウハウをプロダクトローンチと呼ばれる方法で販売しているセールスレターを参考にしようかなと考えています。その他にセールスレターのお手本として、オススメなものはありますか?

.

いわゆるローンチに使われるようなセールスレターを手本とすることは絶対にオススメできません。それよりも、自分に響くセールスレターを選ぶ。オフラインで成果を上げているDMなどを参考にするという方法が効果的です。参考にしてみて下さい。

ローンチのセールスレターを手本にするのはNG。

「お手本として、稼ぐ系のノウハウをプロダクトローンチと呼ばれる方法で販売しているセールスレターを参考にしようかなと考えています…」とのことですが、いわゆるローンチに使われるようなセールスレターを手本とすることは絶対にオススメできません。

 というのも、別のよくあるご質問で紹介しましたが、1枚のLPを時間をかけて作る、使い続けて精度を上げていくという考え方は無い。それよりもローンチに間に合わせるために、なるべく短期間で数を作ることが求められる。業者もLPの上手さ(クオリティ)よりも、納品のスピードが重視される。こうした背景から、どうしてもローンチで使われるLPはそのクオリティが低いものがほとんどです。

 もちろん、こうした「質より量」、「質よりスピード」で納品されているLP(セールスレター)を手本にすることはオススメできません。

 仮に、参考や手本にしたいセールスレターを探す場合は、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、

 売れている要因はリスト数やレターに流したアクセス数の要素が大きい可能性もあるため、必ずしも売れるレターが最良の手本とはならないこと。それよりも、自分に響くセールスレターを選ぶ。書き方など、個人的に良いと思うレターを選ぶやり方がオススメです。

オフラインのDMをそのままセールスレターへ。

「その他にセールスレターのお手本として、オススメなものはありますか?」とのことですが、

 やや裏ワザチックなやり方ですが、

・通販がビジネスの核となっている会社のDMを集める。
・そのDMの要素を手本に、そのままセールスレターやLPとして活用する。

 こういったやり方は、売れるセールスレターを作るうえで非常に効果的です。

 例えば、健食(健康食品)系のDMなど、繰り返し使われるオフラインのDMというものは、一定の反応が取れるからこそ繰り返し利用されているもの。そうしたオフラインのDMをスワイプ(ストック)しておくこと。

 そのうえで、それらのDMを手本に、そのままに近い形でウェブ上のセールスレターやLPとして活用する。こうすることで、高い再現性で売れるレターを作ることができます。

オフラインの広告を手本にするやり方は効果的。

 また、このオフラインの広告を手本にするというやり方はDMに限った話ではありません。

 例えば、テレビ通販。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、通販番組の枠というのはネット広告よりも、かなり高額(割高)なもの。そのため、通販番組では売上に直結すること以外は、基本的に行わない。ネット通販よりも、圧倒的にシビアな目でコンテンツが選ばれるもの。やや乱暴な言い方をしてしまえば、「通販番組でやっている施策、イコール全て売上に直結するもの」と考えても間違いありません。

 実際、テレビ通販の構成や要素を抜き出してセールスレターやLPに活かすだけでも、反応が取れるレターを作ることができます。

 別のよくあるご質問「写経でコピーライティングは上手くなる?コピーライティングは上達しますか?」の中でも、同様のご質問を詳しく紹介しています。

 併せて参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事