コピーライティングの本で一番有名な本って何ですか?

コピーライティングの本で一番有名な本って何ですか?

.

コピーライティングのテクニックという意味で言えば、やはり、ロバート・B・チャルディーニの『影響力の武器: なぜ、人は動かされるのか』です。

コピーライティング本のカテゴリでは無いが…。

「コピーライティングの本で一番有名な本って何ですか?」とのことですが、コピーライティングそのままのキーワードで言えば、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ジョセフ・シュガーマンの本やジョン・ケープルズあたりの本が有名です。

 ただし、コピーライティングのテクニックという意味で言えば、やはり、ロバート・B・チャルディーニの『影響力の武器: なぜ、人は動かされるのか』ではないでしょうか。

 影響力の武器は、直接的にコピーライティング本というカテゴリには属しません。ただし、コピーライティングは結局のところ全て社会心理学。実験結果が学問的に体系立てられているのは、学問の分野で言えば社会心理学しかありません。

 そのため、コピーライティングのテクニックについて学んでいこうと思うのであれば、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、希少性や限定性をどう出すか。一貫性をどうやって作り上げるのかなど、チャルディーニの『影響力の武器:』に代表される社会心理学の良書も、おさえていくことが必須です。

 そういう意味で、社会心理学の中でも一番有名どころとなると、やはりチャルディーニの『影響力の武器』と言えます。

 別のよくあるご質問「ネットビジネスで起業。コピーライティングで売れる要素が学べるオススメの商材は?」の中でも、同様のご質問を詳しく紹介しています。

 併せて参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-10 | Posted in コピーライティング, 情報商材、塾、教材Comments Closed