売れるセールスレターはワンカラムであるべきですか?

現在、セールスレターやコピーライティングの勉強中です。そこで、様々なセールスレターやランディングページを研究した結果。売れると言われるページの多くはレイアウトがワンカラムになっているような気がします。やはり売れるセールスレターはワンカラムであるべきですか?

.

決してワンカラムである必要はありません。参考にしてみて下さい。

決してワンカラムのレターである必要は無い。

「売れるセールスレターはワンカラムであるべきですか?」とのことですが、決してワンカラムである必要はありません。

 そもそも、ワンカラムの特徴というのは

・他の場所へ行かせない。
・集中してセールスレターを読んでもらう。
・出口を一つにしたい。

 こういった狙いがあるからこそです。

 また、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、確かに、コピーライティングなどでワンメッセージ(One Message)、ワンアウトカム(One Outcome)といったことが言われます。

 ただし、

・外部リンクやバナーがありすぎる。
・セールスレターを読ませるうえで気が散る要因があり過ぎる。

 こういったケースを除けば、全てのセールスレターがワンカラムでなければならない理由はありません。

 文字を読ませることができれば、

・グローバルメニューにタブがあっても構いません。
・2カラムや3カラムであっても商品を販売することができます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-06 | Posted in コピーライティングComments Closed