仕入れサイトから商品を選んで出品するまでの手間を削減したい。ツールなどはある?

現在、楽天やAmazonなどの大手の媒体以外に、独自のネットショップをカラーミーで所有して輸入転売を行っています。日本での仕入れサイトは楽天BtoB。アメリカからは、向こうの小売サイトから仕入れています。こうした仕入れサイトから商品を選んで出品するまでの手間がかかって思うように稼ぎを伸ばすことができません。こうした作業をショートカットするツールなどはあるのでしょうか?

.

ご質問頂いている内容のレベルであれば、わざわざツールを作るよりも、外注先を探して人にやってもらったほうがコストを抑えることができます。しっかりとマニュアルを作成して外注化してしまうこと。それだけで、現在、抱える問題のほとんどを解決することができるため、オススメです。

わざわざツールを作るよりも、外注先を探すべき。

「こうした作業をショートカットするツールなどはあるのでしょうか?」とのことですが、もちろん既にあるツールを探すが、あるいは自ら作ることもできます。

 ただし、ご質問頂いている内容のレベルであれば、わざわざツールを作るよりも、外注先を探して人にやってもらったほうがコストを抑えることができます。しっかりとマニュアルを作成して外注化してしまうこと。それだけで、現在、抱える問題のほとんどを解決することができるため、オススメです。

 Lancersでも@SOHOでも、外注さんをマッチングしてくれるサイトであれば、どれでも構いません。そうしたサイトで外注してくれる人を探すこと。その上で

「◯◯という基準で仕入れサイトから商品を抜いてきて…」
「□□というサイトに出品して下さい」

 といった具合に、自分が行っていた作業を全てマニュアル化し、稼ぎの伸びを邪魔する作業を全て外に振ることができます。

マニュアルやフローチャートを丁寧に作り込む。

「楽天やAmazonなどの大手の媒体以外に、独自のネットショップをカラーミーで所有して輸入転売を行っています…」とのことですから、それなりに本格的に事業を行っているものと思います。当然、商品リサーチにも独自の基準があるはずです。

 良い外注さんを集め、その外注さんに適切なマニュアルやフローチャートを作って渡すこと。それだけで、自分の仕事から単純作業を減らし、より投資すべき重要な要素に経営資源を有効活用できるようになります。

 マニュアルやフローチャートは、

→「それは新品ですか?それとも中古ですか?」
→(新品であれば)「価格はいくらですか?」
→(◯◯円以上の商品であれば)「その商品を購入して下さい」

 といった具合に作り込むのがオススメです。

自分の時間も作れる。次へ仕掛ける戦略を練れる。

 こうして丁寧にマニュアルやフローチャート作り込むこと。それによって、仮に外注さんを雇ったとしても、リサーチや出品作業の品質を落とさず、再現性高く作業を外注化することができます。

 現在「仕入れサイトから商品を選んで出品するまでの手間がかかって思うように稼ぎを伸ばすことができません…」とのことですから、上手く外注化できれば、ボトルネックとなっている部分を解消することができます。事業を拡大し、より稼ぎを伸ばすことができるでしょう。

 また、自分の時間も作れるようになるため、次へ仕掛ける戦略を練ったり、新規事業を立ち上げる時間を作り出すこともできるようになります。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-03 | Posted in Amazon, クラウドソーシング, せどり, ツール, ネットショップ, 転売, 輸入Comments Closed