輸入アパレルの仕入れルート開拓。現地に飛んで片っ端から小売店をまわるべきですか?

インポートアパレルのセレクトショップをネットショップとしてやりたいです。個人的に海外に行くのは全く抵抗が無く(むしろ好きです)、現地にしかない洋服などを仕入れて、日本で販売できればと考えています。ただ、ネットショップをやるにしても無知過ぎてどこから始めてよいのか分かりません。そもそもどうやって商品を仕入れるのが一番なのでしょうか?やはり、現地に飛んで片っ端から店舗をまわる感じですか?

.

一番オススメなのは、やはり海外の展示会です。好きな国の展示会に参加してみること。その場で、仕入れができそうな商品を見つけて交渉するのが最良の方法と言えます。参考にしてみて下さい。

一番オススメなのは、やはり海外の展示会です。

「そもそもどうやって商品を仕入れるのが一番なのでしょうか?」とのことですが、こういったケースの場合、

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、一番オススメなのは、やはり海外の展示会です。アパレルの仕入れに関しては、海外で行われるアパレルの展示会に行く。その場で仕入れの交渉する。シンプルですが、この流れで進めるのがオススメです。

「個人的に海外に行くのは全く抵抗が無く(むしろ好きです)…」とのことであれば、まずは好きな国の展示会に参加してみること。その場で、仕入れができそうな商品を見つけて交渉するのが最良の方法と言えます。

 展示会というのはメーカーと代理店になりたい人をマッチングする場。展示会に参加する企業も、販売してくれる人を探すために参加しています。

・様々なステップを飛ばして、いきなり条件交渉の段階から話が始まる。
・基本的には条件次第で、すぐに話が決まる。

 海外の展示会にはこうした特徴(メリット)があります。

いきなり現地の小売店に行っての交渉は非現実的。

 一方で、「やはり、現地に飛んで片っ端から店舗をまわる感じですか?」とのことですが、基本的に

・いきなり現地の小売店に行って交渉するのは現実的ではない。
・その場で「日本で売りたいから卸して欲しい」と言っても、まず無理。

 これが現実です。

 もちろん、

・例外的に小売店にいきなり行って交渉ができる。
・小売から仕入れて利益を得ることができる。

 こういったケースが稀に存在することも事実です。ただし、これらはあくまでレアケース。なかなか現実的ではないというのが正直なところです。

・小売店にはそれだけのロットで売る気がそもそも無い。
・仕入れルートを開拓するために、そういった店をいったい何店舗まわる必要があるのか?

 こういったことを考えるだけでも非効率です。法人の窓口であればまだしも、小売店を片っ端からまわるのは、全くオススメできません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-02 | Posted in ネットショップ, 転売, 輸入Comments Closed