ネットショップ開業。何か良いネットショップの名前の付け方はありますか?

これからネットショップの開業を考えています。そこでネットショップの名前(店舗名)を色々と考えているのですが、何か良いネットショップ名の付け方はありますか?

.

どんな商品を取り扱っているのか。どういう切り口でその商品が販売されているのか。こうしたことが直感的に理解できるショップ名にすることは非常に重要です。参考にしてみて下さい。

どんな商品を売っているか一撃でイメージが湧く。

「何か良いネットショップ名の付け方はありますか?」とのことですが、ネットショップでも商品でも、ネーミングというのは非常に重要です。

 例えば、斎藤一人さんを有名にした銀座まるかんの「スリムドカン」。これはその商品名から、どんな商品なのか一撃でイメージが湧きます。

商品もネットショップも、それがどんな商品(ネットショップ)なのか、一撃でイメージが湧きやすいネーミングが大事

 こういったネーミングをつけることは、ビジネスを成功させるうえで非常に重要です。

 ネットショップの名前でも、

・どんな商品を取り扱っているのか
・どういう切り口でその商品が販売されているのか

 こうしたことが直感的に理解できるショップ名にすることは非常に重要です。

 例えば「キムチでダイエット.com」のような名前のネットショップの場合、

・キムチを販売しているネットショップであること
・ダイエットという切り口で商品を販売していること

 こうしたことがダイレクトに伝わってきます。こうしたネーミングはメッセージの伝わりやすさ以外に、SEO的な観点からも有利になると言えます。

より分かりやすいネットショップ名を選ぶこと。

 こういった分かりやすいネーミングにするか、あるいは

・一見すると意味が分からなフワッとしたネーミングにする
・その認知度を上げることを自分のモチベーションにして頑張る

 こうしたやり方もあります。

「ダンキンドーナツ」や「ドミノピザ」など分かりやすいネーミングで行くのか。あるいは「Amazon」や「Apple」のように、一見するとわけの分からない名前にして、それをブランディングしていくのか。

 どちらかを選ぶといった具合です。

ブランド同様にネットショップの名前の付け方も、大きく分けて2種類ある

ブランディング合戦への参加はオススメできない。

 ちなみに個人的な意見を言えば、やはり前者の分かりやすいネーミングを選ぶことをオススメします。

 基本的に個人が運営するネットショップというのは小さく儲けるところから始めるもの。短期目線で収益を上げていく必要があるビジネスモデルです。

 こうしたビジネスの場合、やはり

・商品の内容や切り口が一撃で分かるようなネーミング
・ど真ん中でストレートなネットショップ名で攻める

 こうしたやり方がオススメです。

 一方で、Amazonなどのビジネスモデルは

 初動3期くらいは赤字でも投資家からお金を集めまくって、じっくりと黒字転換させていく。悠長に一サイトをブランディングして覇権を取っていく。こういった方法です。

 そもそも個人レベルのビジネスモデルとは、その性質も違いますし、個人的には、こうしたブランディング合戦に参加することは、ビジネス的にオススメできません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-02 | Posted in Amazon, ネットショップComments Closed