起業後に自社のホームページを作ってくれる人を採用したい。効果的に見つける方法は?

起業後に自社のホームページを作ってくれる人を採用したい場合、そういった人材を効果的に見つける方法はありますか?私自身ホームページの知識が無いため、できればそういったスキルのある人を雇用したいです。

.

どのレベルのホームページを作ろうとしているのかによって、選択肢は異なります。参考にしてみて下さい。

ホームページ用に人を雇用する必要はない…?

「起業後に自社のホームページを作ってくれる人を採用したい場合、そういった人材を効果的に見つける方法はありますか?」とのことですが、どのレベルのホームページを作ろうとしているのかによって、選択肢は異なります。

 例えば

・名刺代わりの数枚程度の簡易なホームページを作ろうとしている。
・ビジネスや集客の核となるようなホームページではない。

 こういった場合は、ホームページを作るために、わざわざ人を雇用する必要はありません。

 Lancersなど、いわゆるクラウドソーシング系のサービスやマッチングサイトを利用すること。こうした場で、いくらでもホームページ作成の技術を持った人材を見つけ、プロジェクト単位で仕事を依頼することができます。

ハコのデザインだけ外注してコンテンツは自前も。

 また、仮に、定期的な更新が必要なホームページであっても、簡易なもので構わない。あなた自身もオフィスのWordで文字が書けるレベルの知識を持ち合わせている。

 この場合は、

・ワードプレスなどのオープンソースのソフトウェアでブログ型ホームページで作ってもらう。
・ハコのデザインだけ外注して、ブログ型の記事やコンテンツはこちらで用意する。

 こういったホームページの作り方(更新の仕方)をしていくこともできます。

ビジネスや集客の核となるホームページの場合…。

 一方で、これから作り込もうとしているホームページが

・ガッツリとビジネスや集客の核となるようなものを作っていきたい。
・コンテンツ量が多いしっかりとしたネットショップを作り込んでいきたい。

 こういった場合には、ホームページ作成のために人を雇用するのも一つです。

 ただし、「私自身ホームページの知識が無いため…」とのことですが、こうしたケースでは基本的に、あなた自身にもある程度ホームページを作る知識が求められます。ウェブの知識に明るくない限り、なかなかしっかりとした作り込みのホームページを作っていくものは難しいものだとご理解下さい。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-31 | Posted in クラウドソーシング, 起業、独立Comments Closed