なぜ、失敗すると分かっていながら飲食で起業というバカな行為をする人が多いの?

なぜ、失敗すると分かっていながら飲食で起業するというバカな行為をする人間が多いのですか?

.

飲食で起業することは決してバカな行為ではありません。参考にしてみて下さい。

飲食で起業は、決してバカな行為ではありません。

「なぜ、失敗すると分かっていながら飲食で起業するというバカな行為をする人間が多いのですか?」とのことですが、飲食で起業することは決してバカな行為ではありません。例えば「俺の…」シリーズなど上手くいっている飲食店も数多くあります。その他にも儲かっている飲食店を挙げればキリがありません。

 個人的にも、飲食という分野は、まだまだ可能性が大きなビジネスジャンルだと思っています。

 また、ユダヤ商法的な話で「女と口をねらえ」といった類の格言もありますが、まさにその通りで、飲食というのは消えないニーズ。人が何かを食べたり、飲んだりする限り、いくらでも儲けられる分野でもあります。

 こうした前提を踏まえれば、飲食での起業がバカな行為だとは、決して思わないはずです。厳しい言い方をしてしまえば「飲食で起業するというバカな行為…」と言ってしまう時点で、ビジネスを全く何も分かっていない。これが正直な感想です。

まだまだいくらでも儲けを出すことができます。

 実際、マクドナルドも業績が悪いとは言いつつも、店舗に通う人が全くいなくなるということはありません。

 もちろん、美味しくない劣化コピーのフランチャイズ店を展開していては、なかなか業績が伸び悩みます。ただし、美味しいごはんを作ってちゃんと提供する。そうすれば、まだまだいくらでも儲けを出すことができます。重要なのは、やり方です。

 また「なぜ、失敗すると分かっていながら…」とのことですが、補足的に言えば、そもそも失敗すると分かっていながら起業する人はいません。「失敗すると分かっていながら…」というのはあくまで結果論。起業する段階で、そこまで折り込んでビジネスを始める人は、まずいません。

 基本的には、誰しも夢と希望を抱いて起業をするわけです。

 もし、あなたの個人的な見解で「飲食という分野にバカな人が多い」と思うのであれば、裏を返せばそれは大きなチャンスとも言えます。

 バカな人が多い中で賢くやれば勝てる。こう考えることもできるわけです。私であればそうした市場はぜひ参入したいものです。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-31 | Posted in 起業、独立Comments Closed