個人レベルのネットショップ。成功している人の収入はマックスでどれくらいですか?

個人レベルのネットショップ。成功している人の収入はマックスでどれくらいですか?

.

最大値は、おおよそ月商で1,500万円。利益で400万円。年商で1億8,000万円。年間の利益が4,800万円。これくらいが上限となります。参考にしてみて下さい。

年商で1億8,000万円。年間の利益が4,800万円。

「個人レベルのネットショップ。成功している人の収入はマックスでどれくらいですか?」とのことですが、

「個人レベルのネットショップ=社員を雇わず自分と外注だけでやっているショップ」と定義した場合、最大値は、おおよそ月商で1,500万円。利益で400万円。年商で1億8,000万円。年間の利益が4,800万円。これくらいが上限となります。

 過去には年間の利益で7,000万円という人もいましたが、だいたいは年間の利益が5,000万円程度がマックスの値。

 実際、個人レベルでネットショップを運営していて、これくらいの規模感であれば、私の周りにも多くいます。これくらいは個人レベルでも十分に狙えると言ってよいでしょう。

月の利益が400万円を超えてくるとキツくなる。

 ただし、はっきりいって月の利益が400万円を超えてくると、個人レベルでネットショップを運営するのはかなりキツくなってくるものです。

・外注だけでまわすことに限界を感じ始める。
・社内に人を入れたほうが良いと思い始める。

 これくらいの規模感になると、誰しも必ずこういう感情を抱くはずです。

 というのも、通常、ネットショップの問い合わせなどに対応してもらう人を雇う。このことに抵抗を感じるのは、

・社員を雇っても、1日中何かの仕事をしてもらうほどタスクの量は無い。
・どうしても空き時間や待ち時間が出てしまうため、もったいない。
・であれば、外注さんに都度、仕事を依頼するほうがよい。

 こういった理由がほとんどです。

外注よりも社員を雇って内製化したいと思うもの。

 一方で、月の利益が400万円を超えてくると、

・1日の中で空白の時間がなくなってくる。
・1日中何かの仕事をしてもらうほどのタスク量になってくる。

 こうした状況になります。

 ネットショップへの問い合わせの対応だけでも1日が終わってしまう。こうなると、どう考えても

・外注さんにお願いするよりも社員を雇って内製化するほうがよい。
・外注さんに50万円払っていたものを、内製化して社員に20万円支払えばコストも抑えられる。
・併せて、内製化することによって、リスクも抑えることができる。

 こう考えるようになるのが普通です。

TODOリストが山のように押し寄せてくるもの。

 もちろん、全く内製化せずに個人で月商2,000〜3,000万円を売り上げる。それくらいは、やろうと思えばやれるもの。不可能ではありません。ただし、

・朝パソコンを開けると今日やらなくてはいけないタスクが山のように押し寄せてくる。
・問い合わせの対応だけで1日が終わってしまう。

 こうした状況を前に、基本的には誰でも人を雇いたいと思うフェーズが来るものです。

 こういったネットショップは、オフラインの実店舗で言えば、ひっきりなしにお客さんが来て、朝から閉店まで行列が出来ている店を切り盛りするようなもの。

 そういう状況になってまで、わざわざ外注を使うか?と言えば、やはりバイトや社員などサポートしてくれる人を自社で雇いたいと考えるものです。

 そのため、個人レベルのネットショップは、おおよそ月商で1,500万円。利益で400万円。年商で1億8,000万円。年間の利益が4,800万円。これくらいが上限となります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-29 | Posted in ネットショップComments Closed