前職はネットショップ。アフィリエイトで起業した場合競業禁止規定に引っかかる?

先日、前の会社を退職しこれからアフィリエイトでビジネスをスタートさせようと考えています。前職はネットショップをしており、競業禁止規定で2年間は似たような業種での起業は禁じられています。ネットショップとアフィリエイトサイトは競業しないと思いますか?

.

同じような商品を扱う同業者を立ち上げる。あるいは、サイトの構造が分かっていて、同じようなビジネスモデルを立ち上げてしまう。こういったケースを除いて、基本的には禁止規定の対象とはなりません。参考にしてみて下さい。

競業禁止規定は、同業者を立ち上げた場合のみ?

「ネットショップとアフィリエイトサイトは競業しないのと思いますか?」とのことですが、

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、基本的に、競業規定に引っかかるのは、同じような商品を扱う同業者を立ち上げた場合のみ。あるいは、サイトの構造が分かっていて、同じようなビジネスモデルを立ち上げてしまう場合に限った話です。

 それ以外の場合は、基本的には禁止規定の対象とはなりません。

 例えば、

・前職が化粧品を販売するネットショップ。
・その集客方法の一つとしてアフィリエイト広告をやっていた。
・独立後は、同様のジャンルで化粧品のアフィリエイトを行う。

 こういった場合には、その度合にもよりますが、競業禁止規定にひっかかってしまう可能性も考えられます。

前職の会社に迷惑や損害を与えないということ。

 一方で、

・独立後は、化粧品とは全く異なる分野でアフィリエイトを行う。
・金融系や求人系のアフィリエイト媒体を作って起業する。

 こういったケースではもちろん競業禁止規定にひっかかるリスクは低くなります。

 重要なのは、事業を立ち上げることで前職の会社に迷惑や損害を与えないということ。直接的に顧客を奪う、ノウハウを転用するなどしない限り、基本的には問題になりません。

 どうしても心配な場合は、事前に前職の責任者に連絡をとって、競業禁止規定に触れるかどうかを確認するのもアリです。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-29 | Posted in アフィリエイト, ネットショップ, 起業、独立Comments Closed