ハンドメイドのネットショップ開業。在庫は1商品につき何個くらい準備しておくべき?

ハンドメイドの小物家具を扱うネットショップの開業を考えています。ハンドメイド商品を売るのは初めてですが、ハンドメイドの在庫は1商品につき何個くらい準備しておくべきですか?今のところ、1種類につきだいたい10個程度は用意しておくべきだと思いますが。アドバイスお願いします。

.

手作りやハンドメイドの商品を取り扱う場合は基本的に複数在庫をかかえる必要はありません。あくまで一点ものである点に価値を感じてもらう売り方がオススメです。

複数在庫を抱えず、あくまで一点として販売する。

「ハンドメイドの在庫は1商品につきどれくらい準備しておくべきですか?」とのことですが、手作りやハンドメイドの商品を取り扱う場合は基本的に複数在庫をかかえる必要はありません。あくまで一点ものである点に価値を感じてもらう売り方がオススメです。

 具体的には

・一点ものであることを打ち出して受注生産方式で予約を受け付ける。
・「今から作り始めて、1か月後の◯月◯日に完成を目指します」といった完成までのレポートをする。

 こうしたやり方がオススメです。

 特に完成までの過程をレポートしていく方法は、フォロワーを巻き込むため、商品を販売するうえで非常に効果的です。

ハンドメイド作品を作る過程を全て開示すること。

 これは、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ブログでハンドメイド作品を作る過程を全て開示する。どういう風にハンドメイドを作っているのか、こだわりは何なのかを徹底的に書いていくことです。

 どこで商品を買い付けてくるのか。どれくらいの原価で商品を作っているのかを見せてしまっても、この場合はコンセプトとして面白いでしょう。

・SNSとブログを連動させて、受注制作の過程を実況する。
・ハンドメイドを作っている工程をスマホの動画で撮影してネット上で公開する。
・「◯◯という塗り薬は食べることもできるほど安全なんです」といった具合に使っている道具や素材のこだわりも見せる。

 こうした過程をブログやTwitterなどのソーシャルメディアでレポートしていくやり方がオススメです。個人的に、ハンドメイドをネットで販売する際に効果的な方法は、この方法しかないとすら思います。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-25 | Posted in ネットショップ, ハンドメイドComments Closed