PPCアフィリエイトで利益が出るも資金繰りの壁。資金のある人に融資してもらえる?

PPCアフィリエイトを行っています。アフィリエイトなのでリストは残りませんが、徐々に安定的に売上が月80万円ほど。利益で60万円ほどまで来ました。さらに広告費を突っ込むことができれば、利益を拡大できそうですが、個人のクレジットカード枠で広告費投入しているため限界があります。限度額以上は、機械損失が発生してしまっているのも現実です。またアフィリエイトによる入金が2ヶ月後ということで、キャッシュフローの壁にもぶち当たっています。こういう状況で、資金のある人に毎月300〜500万円でも融資、あるいは出資してもらって新会社設立してPPCの運用をすれば、なお利益を拡大できると思います。例えばこういう状況で資金を融資したいと思いますか?

.

厳しい言い方をしてしまえば、いまいち刺さらない。魅力も感じにくい。これが正直な感想です。参考にしてみて下さい。

いまいち刺さらない。魅力も感じにくい提案です。

「こういう状況で、資金のある人に毎月300〜500万円でも融資、あるいは出資してもらって新会社設立してPPCの運用をすれば、なお利益を拡大できると思います…」とのことですが、厳しい言い方をしてしまえば、いまいち刺さらない。魅力も感じにくい。これが正直な感想です。

「例えばこういう状況で資金を融資したいと思いますか?」とのことですが、今、資金を投下した場合に、確実にそれを消化し、増える見込みがあるのかどうかという点が疑問です。

 確かに現在は「売上が月80万円ほど。利益で60万円ほど…」。一般的に薄利になりがちなPPCアフィリエイトにおいて、この数字は広告費に対する回収率も、それなりに良い状態かもしれません。

一定の利益を確保しながら広告費を消化できるか?

 しかし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、やはり、PPCアフィリエイトの利益率には限界があります。利益を出し続けるには、それなりの経験や知識、高度なスキルが必要となります。

 売上規模や投入広告費が毎月300〜500万円と増えていけば、まず間違いなく利益率は落ちていくもの。また、一定の利益を確保しながら、それだけの広告費を消化できるかというとかなり微妙です。

 これだけの広告費を消化するには

・売れるアフィリエイト商品を、それなりの数用意する必要がある。
・ある程度、激戦と言われるジャンルにも参入する必要がある。利益率が落ちる。

 こういった可能性が考えられます。繰り返しますが、資金を投下した場合に、確実にそれを消化し、増える見込みがあるのかどうかというと、かなり疑問です。この時点で多くのスポンサーは融資しづらくなります。

みすみす利益を逃してしまう点にも大きな疑問が。

 また「アフィリエイトなのでリストは残りませんが…」とのことですが、現在行っているアフィリエイトに関しても、完全に送客オンリーで売り切り型(広告主への顧客リストの提供)だけしか行っていない点にも疑問を感じます。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、既に特定の商品へのアクセスを集め、アフィリエイトで稼げている。この実績があれば、アフィリエイト商品を自社開発したオリジナル商品の販売に切り替えていくことで、さらに売上や利益を増やすことができます。

 しっかりとアクセスをリストへと転換して、そこに対する販売を行うことで間違いなく利益を拡大できるもの。その利益をみすみす逃してしまっている点に大きな疑問を感じます。

現段階では資金を投入を急ぐ意味が分かりません。

 現状の予測だと、

・新しい会社を作って資金を投下しても、結局は広告費を消化しきれない。
・投下した資金の回収には、かなり時間がかかりそうである。

 これが正直な感想です。

 もし、今の状況から想定している程度の資金を調達したい場合は、

・どうやってアクセスを顧客リストへと転換(取得)していくのか。
・獲得した顧客リストを、どんな体制で運用していくのか。

 この辺りの問題点を克服する必要があります。厳しい言い方になりますが、現段階ではどんなスポンサーも資金を投入を急ぐ意味が分かりません。

 もう少し、具体的な計画を提示する必要があります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-24 | Posted in アフィリエイトComments Closed