リアル(オフライン)の成功者がネットビジネスに参入してきたら、やはり強いですか?

今後ますます、ネット以外のリアル(オフライン)でビジネスを成功させた人たちが、ネットビジネスに参入してくると思います。こうした人たちは、ネットでもまたビジネスを成功させるのでしょうか。あるいは、ネットにはネットに強い人たちがいて、なかなかその覇権を握ることはできないのでしょうか?

.

既にオフラインである程度実績のある人たちは、ネットビジネスに参入しても、やはりそれなりの結果を残すものです。参考にしてみて下さい。

オフラインで実績のある人がネット参入は強い。

「こうした人たちは、ネットでもまたビジネスを成功させるのでしょうか…」とのことですが、既にオフラインである程度実績のある人たちは、ネットビジネスに参入しても、やはりそれなりの結果を残すものです。

 はっきり言ってしまえば、ネットビジネスで一番強い人というのは、

・既にオフラインで何かビジネスを成功させている人たち。
・オフラインの事業で既にある程度の実績がある人たち。

 こういった人たちです。

 オフラインである程度の実績を作った後に、ネットに参入するケースがネットビジネスでは一番強いと言えます。

 実際、キュレーションサイトを作るなど、一部の例外的なケースでは技術者だけでビジネスが構築できます。しかし、基本的にそうした成功例はネットビジネスではレアケース。

 ネットビジネスで強い会社や個人の大半は、

・総じて、過去にオフラインで成功した実績を持つ人。
・あるいは既にオフラインでの成功を引っさげて、様々なチャネルの一つとしてネットも使い始めた人。

 こういった会社や個人がほとんどです。

オフラインの実績が無い人間というのは弱いもの。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ネット上に何らかの媒体を作るビジネスは、つまるところ全てコンテンツビジネス。

・オリジナルコンテンツを持っているかどうか。
・どれほどオリジナルのコンテンツを作り込みできるかどうか。

 これがネットビジネスの成功を占うと言えます。

 オフラインの実績がある人間というのは、

・既にある程度、オリジナルのコンテンツを持っている。
・さらに、今後いくらでもオリジナルのコンテンツを作ることができる。

 こうした強みを持っています。そのため、オフラインの成功者がネットに参入する。それだけでネットビジネスでも、ある程度の成功は確約されてしまう現状があります。

 一方で、オフラインの実績が無い人間というのは、

・オリジナルのコンテンツは持ち合わせていない。
・自分自身でオリジナルのコンテンツを作り出すこともできない。

 こうした弱点があります。そのため、結局、どんな媒体を作ったとしても集客できずにビジネスを終えてしまう。こういったケースがほとんどです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-21 | Posted in ネットビジネスComments Closed