ネットショップ開業。クレームが発生しやすい商品は扱いたくありません。

これからネットショップ開業を予定しています。そこで扱う商品について色々と考えているところですが、顔に塗るような化粧品やまつげ関連、カラコンなどは、普通に取り扱えるものですが?またこの手の商品はやはりクレームも多いでしょうか?クレームが多い商品はあまり扱いたくないので、無難に下着類とかにしておくべきかと迷っています。アドバイスお願いします。

.

どんな商品を扱ったとしても、基本的に一定数のクレームは発生します。顔に塗るような商品だろうと無かろうと、ある程度クレームに対処する力は求めれらることをご理解下さい。参考にしてみて下さい。

どんな商品でも一定数のクレームは発生します。

「この手の商品はやはりクレームも多いでしょうか?クレームが多い商品はあまり扱いたくないので、無難に下着類とかにしておくべきかと迷っています…」とのことですが、

 どんな商品を扱ったとしても、基本的に一定数のクレームは発生します。

 顔に塗るような商品だろうと無かろうと、どんな商品を扱う場合でも、ある程度クレームに対処する力は求めれられます。もちろん下着類を扱ったとしても、これは変わりません。

切り口や集客の仕方次第でクレーマー気質の人が。

 また、不特定多数のユーザーと接触できるインターネットは、その切り口や集客の仕方次第でクレーマー気質の人を集めてしまうこともあります。

 例えば、

・本来であれば高価格帯の商品を「激安の◯◯」と集客する。
・「全額返金保証の□□」と返金保証前提で集客する。
・運気アップをうたって開運系のグッズで集客する。

 こうした切り口や方法でネット広告をする。こういったキーワードで検索エンジンからアクセスを集めれば、やはりクレーム体質のお客さんを多く集めてしまうため注意が必要です。

基本的にどの商品でも普通に取り扱うことが可能。

 また「顔に塗るような化粧品やまつげ関連、カラコンなどは、普通に取り扱えるものですが?」とのことですが、コンタクトレンズなど販売にあたって免許がいるものもありますが、基本的にはどの商品でも普通に取り扱うことができます。

 化粧品なども、

・自分自身で作らずメーカーに送客だけをする。
・どこかのメーカー(広告主)に客付けをする。

 こうしたいわゆるアフィリエイトのビジネスモデルであれば、ネットショップ形式でビジネスを作る事が可能です。自分自身で作りたい場合はOEMを活用することもできます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-19 | Posted in OEM, ネットショップComments Closed