アフィリエイトの記事。1記事でどのくらいの文字数が最適ですか?

これからサイトやブログを使ってアフィリエイトをしていこうと考えています。形式としてはアフィリエイト商品を使ってみて、そのレビュー記事をアップしていくカタチでやっていこうと思います。そこで質問ですが、アフィリエイトの記事は、1記事でどのくらいの文字数が最適ですか?

.

重要なのは文字数ではないこと。「相手に伝えるためには、どの程度の長さが必要なのか?」。こうした考え方をする必要があります。また、文字数うんぬんではなく丁寧さも非常に重要な要素です。参考にしてみて下さい。

伝えるためには、どの程度の長さが必要なのか?

「アフィリエイトの記事は、1記事でどのくらいの文字数が最適ですか?」とのことですが、

 別のよくあるご質問「ブログでアフィリエイト。商品紹介ページは1,000文字書かないとダメですか?」でも紹介しましたが、結局、重要なのは文字数ではないこと。「相手に伝えるためには、どの程度の長さが必要なのか?」。こうした考え方をする必要があります。

 また、別のよくあるご質問の中で、その重要性とは裏腹に「丁寧に書く」ということができているサイト(媒体)は多くない。ネット上の様々な文章は全くもって丁寧さが欠けているとも言える。そのため丁寧な文書を心がけるだけで差別化できる。

 こんな話も紹介しました。

稼ごうと思うならジャーナリストにならないと…。

 こうした前提を踏まえて考えた場合、例えば「アフィリエイト商品を使ってみて、そのレビュー記事をアップしていくカタチでやっていこうと思います…」という場合でも

・アフィリエイトする商品を実際に取り寄せてみる。
・使ってみた使用感を1日目、2日目、3日目と100日目くらいまで書いてみる。
・その過程で何が起きたのかを詳細にレポートする。
・商品購入後、どんなDMが送られてくるのか。どういったフォローアップがされるのかを赤裸々に書いていく。
・あるいはアフィリエイトの商品を出している会社を訪問して取材してみる。

 例えば、こういった具合に丁寧にサイトを作っていけば商品も売れやすくなります。

 逆に言えば、

・こうやってオフラインまで行ってコンテンツを作ろうとしないから稼げない。
・レビュー記事を書く場合でも、ジャーナリストにならないために稼げない。

 こういったことも言えます。

こうしたプロセスで記事やコンテンツを作れば…。

 もちろん、こうしたプロセスで記事やコンテンツを作っていけば、文字数や記事数で言えば相当な数になります。

 丁寧であれば、丁寧なほど相手に伝わると思って書けば、まさか

「1記事500文字でなんとか仕上げよう」
「毎日、1,000文字で1記事アップしよう」

 なんて考えないわけです。

 自然と

「あぁ、このレビュー記事は2,000文字✕10ページになったな」
「1商品を紹介するサイトだけで100ページになってしまったな」

 となるわけです。

文字数うんぬんでなく売れるサイトになっていく。

 これも別のよくあるご質問でも紹介しましたが、アフィリエイトというのは、その特性上、基本的にはブランディングされていない商品を取り扱うもの。全く認知されていない商品を、ほとんどゼロの状態からブランディングしていく必要があります。

 もちろん、そういった商品を売りたければ、こちらもそれなりの情報を出す必要がある。それができなければ、お客さんは買ってくれないわけです。

・アフィリエイトする商品を解明してコンテンツにしていくこと。
・その商品を使うユーザーの実体験を解明して記事にしていくこと。
・商品を販売している会社のビジネスモデルを解明してサイト作りにいかすこと。

 こういった作り込みをしていけば、文字数うんぬんではなく売れるサイトになっていきます。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-18 | Posted in アフィリエイトComments Closed