アフィリエイトは費用対効果で労力に見合う成果が得られるものですか?

これからアフィリエイトで稼いでいこうと思っていますが、費用対効果という面で言った場合、アフィリエイトは労力に見合う成果が得られるものですか?

.

ほとんどの人が見合う成果が得られていないのがアフィリエイトというビジネスモデルです。一方で、自分自身が持っている媒体がブランディングされた存在になること。あるいは狙ったキーワードで上位表示してアクセスが集まること。こういった状況を作り出すことができれば、十分に労力に見合うだけの成果が得られるのもアフィリエイトの大きな特徴です。参考にしてみて下さい。

ほとんどの人が見合う成果が得られていない分野。

「費用対効果という面で言った場合、労力に見合う成果が得られるものですか?」とのことですが、ほとんどの人が見合う成果が得られていないのがアフィリエイトというビジネスモデルです。

 というのも、

・一日中サイトを更新しても稼げる額が1,000円や2,000円あれば良いほう。
・1日の報酬が100〜200円、あるいは全くのゼロという人がほとんど。

 これがアフィリエイトの実態です。

稼げていない人の割合は、統計よりももっと多い。

 実際、「アフィリエイト 統計」などの検索キーワードで調べてみると97パーセント以上の人が月に3万円も稼げていない、といったデータが出てきます。

 個人的には、アフィリエイトをしているプレイヤー全体から、しっかりとした統計をとった場合、稼げていないプレイヤーの割合はもっと増えるように思います。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、アフィリエイトというのは、それ単体で稼ぐというよりも、ブランディングやマーケティングといった、普遍的な要素を複合的に組み合わせていく必要があるもの。そういった要素を網羅していかない限り、なかなか稼ぐことはできません。

 もちろん、そうした要素を一つ一つ丁寧に埋めていかない限り、いくらやっても労力に見合う成果を得ることができません。

一方で30分で記事を書き何百万円も稼ぐことも。

 一方で、メルマガでもアフィリエイトサイト(ブログ)でも何でも構いません。

・自分自身が持っている媒体がブランディングされた存在になること。
・あるいは狙ったキーワードで上位表示してアクセスが集まること。

 こういった状況を作り出すことができれば、十分に労力に見合うだけの成果が得られるのもアフィリエイトの大きな特徴です。

 30分で記事を書いて、何百万円も稼ぐ。こうしたことが、決して夢物語ではない。これも、アフィリエイトというビジネスモデルの特徴と言えます。

 裏ワザ的ではなく、真っ当な方法で上位表示できる。あるいはブランディングされた媒体にできる。こうすることで、

・その媒体を通じて中長期に渡ってフロントのリストをとり続けることができる。
・アクセスをどんどんアフィリエイト報酬やリストに転換して、高利益率なビジネスを展開できる。

 こういう状況が作り出せれば、費用対効果という面では、十分に労力に見合う成果が得られるようになります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-18 | Posted in アフィリエイト, メルマガ, 稼ぐComments Closed