出会い系のアフィリエイト。特定のプログラムだけ承認されません。

出会い系のアフィリエイトをしています。いくつかのアフィリエイトプログラムで実践中ですが、成果が発生しても承認されるプログラムとそうでないものがあります。ほとんどが承認されているのに特定のプログラムだけ承認されない。こんなことってあるんでしょうか?成果が発生しても承認されないのはとても残念です。

.

成功報酬型広告であるアフィリエイトというビジネスモデル上、どうしても承認されない案件というのは出てきます。参考にしてみて下さい。

アフィリエイトという特性上、非承認はあり得る。

「ほとんどが承認されているのに特定のプログラムだけ承認されない。こんなことってあるんでしょうか?」とのことですが、

 成功報酬型広告であるアフィリエイトというビジネスモデル上、どうしても承認されない案件というのは出てきます。

・不適切な紹介の仕方をしている。
・規約違反をして成果を発生させてしまっている。
・広告主が望まないお客さんを送客してしまっている。

 などなど。成果が承認につながらない理由はいくつか考えられます。

承認に対して広告主やASPがシビアになっている?

 もちろん、広告主も

・発生した成果全てを承認する義務はありません。
・強引に集めて送客された場合は、成果を承認したくないもの。
・成果につながらないお客さんばかりを送客されても困る。

 こういった考えをもっています。

 また、出会い系のアフィリエイトは無料登録で成果を発生させることのできる案件もあり、いわゆるスパム的に成果を発生させる悪質なアフィリエイターも多いジャンル。

 成果承認に対して広告主やASPがシビアになっているケースも考えられます。

広告主の都合で非承認にされるケースも多くある。

「成果が発生しても承認されないのはとても残念です…」とのことですが、送客したのに成果が承認されない。これはアフィリエイトの大きな欠点の一つと言えます。

 インフォ(情報)系のオプトイン(メールアドレス1件につき報酬を支払う仕組み)アフィリエイトの場合でも、送客したにも関わらず、広告主の都合で非承認にされてしまう。こうしたケースは多くあります。

 仮にメールアドレスを登録してもらって成果が発生しても、広告主やASPが何だかんだ理由をつけて非承認にしてしまう。結果としてメールアドレスのリストだけ流して、全くビジネスにならないというケースもあります。

広告主が無理矢理アフィリエイトを使う場合は…。

 また、そもそもASPの営業の仕方に無理があるケースもあります。

 マーケティングに対する投資意欲がしっかりとあるところ。そもそも、積極的にアフィリエイト広告を活用しようとする広告主は、アフィリエイターの立場を尊重し、発生した成果に関しては全承認、もしくはそれに近い形で承認してくれるケースもあります。

 一方で、アフィリエイト広告にあまり慣れていないような業界(会社)に対して、ASPが新規営業をかける。結果として広告主が無理矢理アフィリエイト広告を使っている場合は、

・本当に成約ベースのみで成果が承認される。
・他のアフィリエイトプログラムと比較して承認率が極端に低くなる。

 こういったことも起こり得ます。

ASPや広告主に連絡して事実関係を確認すること。

「いくつかのアフィリエイトプログラムで実践中ですが、成果が発生しても承認されるプログラムとそうでないものがあります…」とのことですから、おそらく出会い系のアフィリエイトで、それなりに成果を出してしっかり稼いでいる方だと思います。

 この場合、

・しっかりとASPや広告主に連絡をとって、事実関係を確認すること。
・そのうえで、ある程度、承認保証をしてもらうか、何らかの交渉をすること。

 まずは直接連絡してみて、非承認になってしまっている理由をしっかりと聞いて見ることから始めてみて下さい。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-15 | Posted in アフィリエイトComments Closed