ぶっちゃけネットショップの集客方法としてSEOは重要ですか?お金をかけるべき?

これからネットショップを始める予定です。どの部分に集中して進めていくか戦略を練っているところです。労力を割こうと思う選択肢の一つにネットショップのSEOがあります。ただ、ここに労力を割いてもあまり思うような成果が上がらなければ意味がありません。ぶっちゃけた話、ネットショップの集客方法としてSEOというのは重要なのでしょうか?あるいは、大したことは無く、まずはヤフオクなどの販路から連れてくるほうがよいのでしょうか?

.

ネットショップの集客においてSEOからの流入を強化していくというのは非常に効果的です。中長期的なビジョンで考えて、やらない理由はありません。

最初はプラットフォームの集客力を上手く活用。

「ぶっちゃけた話、ネットショップの集客方法としてSEOというのは重要なのでしょうか?」とのことですが、これも戦略次第です。

 SEOは基本的に時間がかかるもの。ゼロから立ち上げる場合は、数ヶ月〜半年以上のスパンで徐々にその成果が出てくるもの。即効性はありません。

 そのため「まずはヤフオクなどの販路から連れてくるほうがよいのでしょうか?」の言葉通り、やはり最初はプラットフォームの集客力を上手く活用していくべきです。

 プラットフォームの集客力に頼って立ち上げをすることで

・プラットフォームの集客力を最大限活用して短期的な収益を獲得できる。
・収益に加えて様々なデータ(サンプル)も集めることができる。

 こうしたメリットがあります。

 特に後者のデータはネットショップを運営するうえで非常に重要な要素です。

売れ筋キーワードを見極めてからSEOをかける。

 集客力のあるプラットフォームは基本的に、内部に検索機能があるもの。そのため、

 プラットフォームで集められるデータの中には、

・どういうキーワードでアクセスが集まっているのか。
・どういうキーワードから商品の販売につながっているのか。

 こういったデータも含まれます。

 プラットフォーム内である程度売れ筋のキーワードが分かれば、プラットフォームの外でSEOをかけても、同様の集客効果を期待できるもの。

 プラットフォームでデータを取る→売れるキーワードでSEOをかける。この手順を踏むことで、いらないキーワードで上位表示を狙って、無駄な労力やコストをかけることも無くなります。

SEOからの流入を強化していくのは非常に効果的。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、まずはそのキーワードを検索したお客さんが実際にコンバージョンに至るかどうかを見極めること。見極めた後でそのキーワードをSEOで上げていく。これがセオリーです。

・ある程度プラットフォーム内で実績のあるキーワードや切り口であれば、検索エンジン経由からもそれなりにアクセスが集まる。
・何十万、何百万円という単位で売上もあがります。

 ネットショップの集客においてSEOからの流入を強化していくというのは非常に効果的です。中長期的なビジョンで考えて、やらない理由はありません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-11 | Posted in ネットショップ, ヤフオクComments Closed