アフィリエイトの広告主はどんなことで困っているのか知りたいです。

私はアフィリエイターですが、アフィリエイトの広告主はどんなことで困っているのか知りたいです。広告主が困っていることが分かれば、アフィリエイターとしてより良いサイト作りなどもできると思うのですが。

.

アフィリエイトの広告主には様々な悩みがあります。参考にしてみて下さい。

思ったよりも商品が売れない。これが一番の悩み。

「アフィリエイトの広告主はどんなことで困っているのか知りたいです…」とのことですが、広告主が抱える最大の悩みは「アフィリエイト広告で思ったよりも商品が売れない」。これが一番だと思います。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、アフィリエイト広告は、「広告主になること=アフィリエイターが紹介してくれる」では決してありません。販売者であるアフィリエイターを動かさなければならない点に難しさがあります。

・ASPとかなり綿密な戦略を練らない限り、アフィリエイターは商品を紹介してくれません。
・力のあるアフィリエイターはかなり少ないため、そういったアフィリエイターを動かす工夫も必要となります。

 特に、この「本当に商品を売る力があるアフィリエイターが少ない」というのは、広告主にとって大きな悩みの種。売れるアフィリエイターが少ないことは、広告主にとってアフィリエイト広告を利用する最大のネックと言えます。

自社商品の風評が間違った方向で広まってしまう。

 そして、売れるアフィリエイターを動かしたい一方で、それ意外の人にはあまり動いて欲しくない、というジレンマもあります。

 広告主にとって、誰でもアフィリエイターになれる(アフィリエイトできる)仕組みは、ある種、最悪の仕組み。

・誰でもアフィリエイトできることで、しょうもないブログを量産する人もたくさん増える。
・結果として、自社商品の風評が間違った方向で広まってしまう。

 節度のない人を含めて、全てのアフィリエイターをコントロールすることは、なかなか難しい。この部分がアフィリエイト広告を難しくしているとも言えます。

 広告主側の意見を言えば、この誰でも参加できるアフィリエイトの仕組みも徐々に変わっていくもの。今後は厳しい審査制のASPも増えていくものと思います。

獲得した顧客リストを運用する人手が足りない。

 また、その他、困っている点としては新規顧客リストの運用面です。

 これも、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、アフィリエイト広告を出している(広告主)側からすると、獲得した顧客リストを運用する人が足りずに困っているケースも多くあります。

 例えば、こうした広告主に対して、ASPを介さない直取引をする。

・新規顧客獲得だけでなく、リピート購入まで促す。
・リピートの仕組みまでをアフィリエイターが提案する。

 こうすることで、まず間違いなく広告主は喜びます。アフィリエイト広告を利用する多くの広告主が、そうしたオファーを待っているとも言えます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-10 | Posted in アフィリエイトComments Closed