無差別な1,000枚のDMやチラシで10件成約することはある?成約率を高める方法は?

ネットショップやアフィリエイトなど、これからネットビジネスを始めたいと思っています。できればネットだけでなくリアルなDMやチラシも上手く活用して販売していきたいと考えています。そこで質問ですが、例えば、適当なリストに対して(無差別に)DMやチラシをまく場合、1,000枚のDMやチラシをまいて、10件成約するというのはあり得ることですか?また、その成約率を高める方法はありますか?アドバイスお願いします。

.

基本的にDMやチラシというツールで、しかも無差別に送る方法で、それだけの成約率が出ることはありません。参考にしてみて下さい。

無差別にDMを送る方法で、その成約率は出ない。

「1,000枚のDMやチラシをまいて、10件成約するというのはあり得ることですか?」とのことですが、基本的にDMやチラシというツールで、しかも無差別に送る方法で、それだけの成約率が出ることはありません。

 1,000枚チラシをまいて10件成約ということは、成約率でいうと1パーセント。DMやチラシというジャンルにおいて、成約率1パーセントというのは異常なほどに高い数値。まず、こんな数値は出ません。一般的に無差別に送るDMやチラシは0.0何パーセント(1万分の1)の世界。カンマが二つ違ってきます。

 また、「成約率を高める方法はありますか?」とのことですが、もちろんターゲットを絞れば成約率も異なります。

 例えば、既に一度何か商品を購入したことのある既存顧客であれば、それこそ10〜20、30パーセントくらいの成約率が出ることもあります。

 ネットショップに限らず、アフィリエイトでも何でも。ネットビジネス全般、ダイレクトレスポンスマーケティングに絡むもの全てに言えることですが、重要なのは枚数(母数)ではないということ。

「その広告を誰に打つか?」で全て数字が変わってくるということです。

条件を満たせば、成約率100%もあり得ます。

 自社ネットショップの熱狂的なファンにだけ広告や案内を送れば、100人送って100人成約する、つまり成約率100パーセントということもあり得ます。

 一方で、いたずらに母数だけ増やして、無差別に送ってしまえば、どんどんその成約率は下がります。経費もどんどんかさんでしまいます。

 例えば、ジャニーズファンだけをターゲティングして、ジャニーズのチケットをオファーすれば、売れやすい。人気グループのコンサート案内を、その個別のファンだけに届ければ、100パーセントに近い成約率が出るわけです。

 一方で、ジャニーズを全く好きではない、例えばAKB48のファンにジャニーズのコンサートをオファーしても誰も買いません。成約率ゼロパーセントの可能性もあります。

 よく「私のメルマガ(DM、チラシでも)は◯◯パーセントの成約率が出ました」といった謳い文句でセミナーを集客したり、ノウハウを販売している人がいます。しかし、さきほどのジャニーズの例も、それを抽象化してしてしまえば「100パーセントの成約率」と言えてしまいます。

 ただし、重要なのは成約率だけではないこと。

・誰にまいて、どのくらいの成約率が出たのか?
・どのコミュニティ、どのクラスターにまいたのか?

 ということが非常に重要です。参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事