フリマアプリで売れる商品を店舗価格より安く大量に仕入る方法や場所は?

フリマアプリを使って、要らなくなった不要品を販売していく中で気付けば不要品で1ヶ月で7万円程度の売上をあげることができました。これだけ売れるのであれば卸業者など、フリマアプリで売れる商品を大量に仕入れて売れば、そこそこ売れると思うのですがどうでしょうか。フリマアプリで売れる、例えばアパレルやネイル、コスメ系の商品を店舗価格より安くたくさん仕入れるところがあれば伺いたいです。よろしくお願いします。

.

安く仕入れる場はありますが、個人の場合高く売るための工夫にフォーカスして取り組まない限り、なかなかこのビジネスで儲けを出すことができません。参考にしてみて下さい。

いかに安く仕入れるか?は一つの方法ですが…。

「アパレルやネイル、コスメ系の商品を店舗価格より安くたくさん仕入れるところがあれば伺いたいです…」とのことですが、もちろん、店舗価格よりも安く仕入れをできるところはあります。

 しかし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、個人でやる場合は「いかに安く商品を仕入れることができるか」だけでなく「いかに付加価値を付けて、高く商品を販売することができるのか」を考えることが非常に重要です。

 高く売るための工夫にフォーカスして取り組まない限り、なかなかこのビジネスで儲けを出すことができません。注意が必要です。

 もちろん、事業レベルで転売やせどりを行う。

 オリジナルの販路を持ち、豊富な資金をベースに販路を一括で購入してしまう。そうやって規模の経済を働かせて、1回あたりの仕入れコストを下げる。こうしたやり方もあります。

 ただし、仕入れの際に規模の経済を働かせることを踏まえると、せどりや転売というビジネス自体、原則として大企業に有利なビジネスモデルです。安く買って販売する。これだけで勝負しようと思ったら、個人プレイヤーがAmazonに勝てるはずがありません

勝てないなりにAmazon崩しを考えること。

 安く仕入れる、という戦略は個人でやろうと思えば圧倒的に不利。

・10個買うよりも100個買うほうが仕入れコストは安くなる。
・100個買うよりも1,000個買うほうが安くなる。
・1,000個買うよりも、1万個。1万個買うよりも10万個買うほうが安くなる。

 これが商売の原則です。繰り返しますが、このやり方で勝負しても、資金力があって規模の経済を働かせることのできる大企業やAmazonに敵いません。

 むしろ、普通に勝負してAmazonに勝てないのであれば、Amazon崩しを考えなければいけません。例えば、Amazonで同じものを販売しているなら

・どうすればAmazonより高く売ることができるのか。
・商品のサポートなのか、ストーリーを付加価値とするのか。
・商品の使い方の提案なのか、それとも保証なのか。

 とにかくAmazonより高く売る方法を考えること。そうしない限り、個人レベルのビジネスで上手く儲けを出すことはできません。

安易に横展開できるビジネスモデルでは無い。

 また「不要品で1ヶ月で7万円程度の売上をあげることができました。これだけ売れるのであれば…」とのことですが、

 これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、物を仕入れて販売することと不要品販売は全くの別物です。同じように考えて利益の出せるビジネスモデルではありませんので注意が必要です。

 不要品というのは原価ゼロ円。既に減価償却を終えたものだけに特化して売っているようなものです。

 この原価がゼロ円という前提があるからこそ、1ヶ月で7万円の売上(=ほぼ利益)を出すことができます。ただし、その不要品を買った時の値段、不要品のもともとの合計額を考えてみると、当たり前ですが7万円以上はしているはず。買った時の値段を仕入れ値とすれば、売値7万円は確実にマイナスになっているわけです。

 この辺り、混同して仕入れを始めても、まず儲けは出ません。

 仮に7万円を転売やせどりで稼ごうと思えば、利益率20パーセントであれば、売上で35万円。仕入れは最低限28万円分必要です。資金繰りなどを考慮するとその倍、56万円程度は軍資金として欲しいところです。このくらいの資金をまわして始めて生まれるのが7万円という利益です。

 不要品販売から安易に横展開できるビジネスモデルでないことも、正しくご理解下さい。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-07 | Posted in Amazon, せどり, ネットビジネス, メルカリ, 転売Comments Closed