1人でネットショップ複数運営。月商500万円。外注なしで正直かなりキツイです。

現在1人でネットショップを複数運営。月の売上規模500万円です。ただ外注を使わず経費削減目指しているためか正直かなりキツイです。月500万円くらいであればやはり1人でやるのは限界なのでしょうか?アドバイスお願いします。

.

もう完全に1人で作業するレベルを超えています。外注を使うフェーズに来ていることをご理解下さい。参考にしてみて下さい。

外注を使うフェーズに来ていることを正しく理解。

「現在1人でネットショップを複数運営。月の売上規模500万円です…」とのことですが、1人でネットショップを運営している人の中にはこれくらいの規模の方も確かにいらっしゃいます。しかし、もう完全に1人で作業するレベルを超えています。外注を使うフェーズに来ていることをご理解下さい。

 個人レベルからビジネスを始めてしまうと、人によっては外注化に抵抗感を抱く人も少なくありません。しかし、基本的な考え方として時給が合わない仕事をやり続けてはいけません。

 例えば、企画を作るという仕事。これは時給が滅茶苦茶高いと言えます。時に企画を作る仕事というのは時給100〜200万円という世界になることもあります。

 一方で、例えば梱包発送の仕事。これはざっくばらんな話をすれば時給800円のアルバイトであってもできる作業です。冷静に考えてみるとよく分かりますが、時給100万円の仕事と時給800円の仕事を同じ人がやっている。当然ですが売上の伸びる規模は下がります。また、時間もどんどん足りなくなるため、労働自体もキツいものになっていきます。

外注化して自分の時間を作りだすことから始める。

 ですから、

・時給が安い仕事と高い仕事をしっかり切り分けて、時給が違う仕事をしないこと。
・時給が安くても代用が利く仕事は、どんどん外注化をしていくこと。

 こういったことが非常に重要です。

 また「外注を使わず経費削減目指しているため…」とのことですが、こういった無意味な条件付けはNGです。一件、外注化によって経費が増加するように見えても、

・外注化によって、以前よりも売上を伸ばす施策を考える時間が増える。
・考える時間が増えることで労力は減り、ネットショップの売上は伸びる。
・結果的に経費削減になる。

 こういったことにもつながるわけです。

 まずは時給が違う仕事、時給が安くて代用が利く仕事をリストアップすること。そのうえで、外注化できるものはどんどん外注化して自分の時間を作りだすことから始めてみて下さい。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-30 | Posted in ネットショップComments Closed