洋服の縫製を行う会社。今後は楽天などのモールでネットショップでの販売を検討中。

現在、洋服の縫製を行う小さな会社を経営。生産のみを行っていますが、今後は特色を活かしネットショップでの販売を考えています。今は楽天など大手ショッピングモールへの出店を検討していますが、こういったビジネスを始めるにあたり何が足りていて、何が足りないのか分かりません。どのようにしてショップやネット販売を立ち上げていけば良いでしょうか?また、ショップ立ち上げにあたり、どういったスキルを持つ人材を採用していくことが必要となりますか?アドバイスお願いします。

.

まずは楽天内にある同ジャンルのネットショップを徹底的に研究すること。研究することで見えてくるものがあります。また、外注を使いこなすだけで十分にショップを立ち上げることもできます。参考にしてみて下さい。

楽天の同ジャンルのショップを徹底的に研究する。

「今は楽天など大手ショッピングモールへの出店を検討していますが、こういったビジネスを始めるにあたり何が足りていて、何が足りないのか分かりません…」とのことですが、例えば洋服の縫製であれば、同ジャンルのネットショップが楽天内にもたくさん存在しています。

・そういったショップがどういったネットショップを作り込んでいるのか。
・そういったショップがどういった売り方をしているのか。

 まずはこういった点を徹底的に研究すること。上手くいっている事例とそうでない事例。両方を研究していくことで、

・そのプラットフォームを攻略するカギ。
・モデリングすべきショップ。
・自社のショップの立ち上げ方

 といったものがが見えてきます。

無理に雇わず外注を上手く使いこなすだけでOK。

 また「ショップ立ち上げにあたり、どういったスキルを持つ人材を採用していくことが必要となりますか?」とのことですが、

 あなた自身は文章が書けると思います。そのため、楽天でショップを立ち上げるために必要な残りのパーツ、例えばデザインやHTMLを使ったホームページ作成など、いわゆるオフラインの実店舗にでいう内装工事屋さん(のスキル)が必要となります。

 ただし、デザインやHTML、ホームページ作成は、

・ランサーズやクラウドワークスなど、いわゆるクラウドソーシング系のサービス。
・もしくは楽天大学など。

 こういった場で、いくらでも見つけることができます。

 今のネットの良いところは様々な外注の仕組みがしっかりと出来上がっているところ。

 規模が大きくなれば自社でそういった人材を自社で雇うことも選択肢の一つです。しかし、これからネットショップを始める場合は、無理に内装工事屋を自社で雇う必要はありません。外注を上手く使いこなすだけで、足りないスキルを補完して十分にショップを立ち上げることができます。

 それよりも、

・ネットショップとしての売り方や見せ方はどうやっていくのか。
・ネットショップでどういった差別化を行っていくか。

 こういったことを考えることのほうがずっと重要です。

 外注できないコアの部分の仕組みづくり、コンセプトをしっかりと自分自身で見つけること。このコアを発見できるかどうかがが、ネットビジネス成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-30 | Posted in クラウドソーシング, ネットショップComments Closed