ネットショップ開業。決済時に運営側の会員登録が不要なものを選ぶべきですか?

これからネットショップをオープンさせる予定です。そこで色々とネットショップのサービスを検討していますが、なかには購入者に対して自分のネットショップ以外に、運営側(ネットショップのサービス側)の会員登録を求めるものもあります。ただ、そういった会員登録はお客さんの離脱を招いてしまうものなのではと危惧しています。やはり、なるべく会員登録不要で決済できるものを選ぶべきですよね?

.

確かにこの部分は大きなネックと考えて間違いありません。ネット販売において、会員登録はもの凄いハードル、お客さんにとってもの凄く面倒な作業です。可能な限り登録が面倒ではない決済方法を選ぶべきです。参考にしてみて下さい。

ネット販売において会員登録はもの凄いハードル。

「そういった会員登録はお客さんの離脱を招いてしまうものなのではと危惧しています…」とのことですが、確かにこの部分は大きなネックと考えて間違いありません。

 ネット販売において、会員登録はもの凄いハードル、お客さんにとってもの凄く面倒な作業です。可能な限り登録が面倒ではない決済方法を選ぶべきです。

 Amazonなどを見れば分かりますが、Amazonは

・いかに会員登録を簡易化することができるか。
・いかに1回登録してくれた人に、二度と面倒で手間な手続きをさせないか。

 こういったことに命をかけています。

 ネット通販の世界では、決済離脱やカゴ落ちという言葉があるように、商品をカートに入れた後に離脱してしまう。この確率は非常に高いものです。

 そのため、Amazonはこの離脱を極力無くすためにワンクリックで注文できる仕組みを整えています。

・ワンクリック注文は様々な法制度に引っかかる可能性もある。
・ネット上のトラブルやスキミングのリスクにもつながる。
・ワンクリックで決済できる仕組みを導入するには様々な壁があった。

 しかし、それら全てをクリアして、Amazonは実際にこの仕組みを導入することに成功しました。なぜあれだけの会社が、これほど会員登録の手間を省こうとするのか。この点を逆算して考えれば、その重要性がうかがえます。

多くの独自ネットショップで問題になるのが離脱。

 実際、ほとんどの独自ショップにおいて問題になるのがこの離脱です。

 ネット通販においてお客さんが「あっ、良い商品見つかったな」と思っても、会員登録が面倒であれば、離脱してしまいます。

 そして、次に何を考えるかと言えば「既に会員登録しているECサイトで、この商品を扱っていないか?」ということです。

 私自身もそうですが、

・「あっ、この商品欲しいな。良いもの見つけたな」と思う。
・次の瞬間にその商品がAmazonで売ってないか、買えないかを探す。
・Amazonで希望の商品があれば、多少高くてもAmazon経由で買ってしまう。

 といった行動をとります。

 もちろん、Amazonの信頼性や配送のメリットもありますが、新たに会員登録をするのが面倒、というのがAmazonを使う一番のモチベーションでもあります。よっぽど欲しいと思う商品を置いておかない限り、こういったリスクを回避することはできません。

 そう考えると、会員登録の壁を超えることは非常に大事なこと。やはり可能な限りお客さんが離脱してしまう要素は減らしたいものです。

 もし、会員登録が必須の場合でも、会員登録者にはプレゼントを渡すなど。お客さんに何かしらのメリットを感じてもらう、工夫は必須です。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-27 | Posted in Amazon, ネットショップComments Closed