ネットショップの販売価格はどのように決める?オリジナル商品を扱う予定です。

ネットショップの販売価格はどのように決めますか?これからオリジナル商品を扱おうと思っていますが、どう決めたら良いのかわかりません。初心者のような質問で申し訳ございませんが、何かしらヒントになるようなアドバイスを頂ければと思います。

.

プライシング(価格設定)の問題は、決して素人や初心者の質問ではありません。何十年とビジネスをやっているプロであってもなお、常に悩まされる問題。いつまでもテストし続けて最適な値を求めなければならない問題です。参考にしてみて下さい。

プライシング(価格設定)の問題はプロでも悩む。

「初心者のような質問で申し訳ございませんが…」とのことですが、プライシング(価格設定)の問題は、決して素人や初心者の質問ではありません。

 何十年とビジネスをやっているプロであってもなお、常に悩まされる問題。いつまでもテストし続けて最適な値を求めなければならない問題です。

 プライシングは非常に奥が深く、安ければ安いほど売れるかといえば、決してそういうわけではありません。

『影響力の武器(ロバートチャルディーニ著)』でも、半額にしても全く売れなかった宝石が、2倍の値段に設定したら一気に売れたという事例が紹介されています。高価なものは、高い価格設定をすることで価値があるものと思わせることもできる。より高く商品を売ることもできます。

 一方で、では、高ければ高いほど売れるかといえば、全くそんなことはありません。高くすれば、当たり前ですが売れなくなることも多くあります。

 また、

・コモディティ化している商品の場合は価格設定が高いと売れない。
・独自性のある商品の場合は高くても売れる。

 こうしたデータもあります。

売上を最大化するまでひたすらテストを繰り返す。

 最適な価格設定(答え)は、商品やビジネスごとに異なります。そのため、

「買ってくれる人の数✕価格=売上」

 この売上を最大化できる価格設定はどこなのか。ひたすらテストを繰り返して、売上を最大化できるポイントを探していくしかありません。

 もちろん、テストを全く行わず、経験やデータが無い状態で、いきなり最適な価格設定をすることは不可能です。

「これからオリジナル商品を扱おうと思っていますが…」とのことですが、特にオリジナル商品を取り扱う場合は、これが顕著です。経験者であってもなかなか難しいものであることをご理解下さい。

 加えて、プライシングはイメージに直結するもの。高ければ高級そうに見せることができるが、高いことで売れない。このジレンマを永遠に抱えながらテストを繰り返す。そうやって暫定的な最適解を常に求め続ける必要があります。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-27 | Posted in ネットショップComments Closed