海外ネットショップ仕入れの輸入転売ビジネス。競合から販売をやめるよう連絡が来た。

現在、副業で海外のネットショップから仕入れる輸入転売ビジネスを行っています。国内ではある会社の日本法人でしか買えず、値段も高いため、安く提供することで売れ行きも悪くありません。ただ、最近になってその日本法人から、販売制限があるため、販売をやめるよう連絡が来ました。自分自身で見つけてきた販路に対して、自由に販売していい権利はないのでしょうか?こうした指示には従うべきなのでしょうか。アドバイスお願いします。

.

指示に従うべきかどうかはメーカー側の判断を仰ぐべきです。参考にしてみて下さい。

従うべきかどうかはメーカー側の判断を仰ぐべき。

「自分自身で見つけてきた販路に対して、自由に販売していい権利はないのでしょうか?こうした指示には従うべきなのでしょうか…」とのことですが、指示に従うべきかどうかはメーカー側の判断を仰ぐべきです。

 おそらく、日本のマーケティングを全て任せているメーカーがいて、そのメーカーの意向によって販売できるかどうかが決まります。メーカー側がダメといったら、もちろんNG。一方で、メーカー側が問題無いといえば、引き続き販売できるでしょう。

「ただ、最近になってその日本法人から、販売制限があるため、販売をやめるよう連絡が来ました…」とのことですが、例えば海外在住で海外の人が日本向けに売る場合など、その辺り微妙な判断はメーカー側が決めることです。詳細にヒアリングしてみるのがオススメです。

 ただし、可能性として高いのは、

・既に専売契約を結んでいる会社(法人)が日本にある。
・あなたの会社が日本にある場合は専売契約とバッティングするのでNG。
・ただし海外に会社があって海外から発送している場合はメーカー判断。

 こういったケースになると思います。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-22 | Posted in せどり, ネットショップ, 転売, 輸入Comments Closed