現在ネットショップで月商1,000万円。これから本気で月商3,000万円を狙いたい。

ネットショップを運営しているものです。現在や主にヤフーと楽天がメインで月商が1,000万円程度。会社の規模としては社員数10名程度。これから売上をどう伸ばしていくか悩んでいるところです。取り扱っている商品は女性向けのアパレル商品を無在庫販売。広告は使わず1日に4,000〜5,000程度のアクセスが集まっており、購入率は0.18パーセント。客単価は4,000円程度です。今後は別会社で男性向け商品を作って横展開、あるいは女性向けで店舗を増やすこと。また、自社サイトをカラーミーなどで作ることや広告を始めることも検討しています。月商3,000万円を本気で狙っています。アドバイスお願いします。

.

まだまだ色々といじれる変数があるということ。とても惜しいところまで来ているので、一つずつの変数や要素を改善すること。もう一度見直すことが重要です。参考にしてみて下さい。

人数が多すぎる。購入者も異常に低すぎます。

「ネットショップを運営しているものです。現在や主にヤフーと楽天がメインで月商が1,000万円程度…」とのことですが、月商で1,000万円というのば素晴らしいです。

 アドバイスをとのことですが、まず「社員数10名程度」というのは、この規模感であれば人数が多すぎます。どんなことをしているスタッフか分かりませんが、もっと外注をうまく使いこなすべき、というのが正直な感想です。

 月商1,000万円というと素晴らしいですが、一人あたりの売上で見れば決して多い金額ではない。社長以外のスタッフがどんな作業をしているのか把握すること。それを適正化することが一つです。例えば、私の関連会社では、2人ほどの社員でこの3倍、月商3,000万円程度の売上にできています。

 加えて「広告は使わず1日に4,000〜5,000程度のアクセスが集まっており、購入率は0.18パーセント…」とのことですが、1日のアクセスが4,000〜5,000。しかも無広告でこれだけのアクセスを集めることができているのは素晴らしいです。

・相当数のファンがついている。
・あるいは無在庫でかなりの商品数を登録している。

 どちらかだと思います。ただし、いずれのケースでも購入率0.18パーセントというのは異常に低すぎます。少なくとも購入率1パーセントを目指すこと。

・このくらいの数値を出せるまで商品数を絞り込むこと。
・個別の商品のページを作り込んでいくこと。

 こういった工夫が必要です。

アクセスは少なくてOK。管理コスト減も可能。

 0.18パーセントを1パーセントにするということは、おおよそ今の5倍程度の数字を狙うという意味。5倍と聞くとかなりの数字に思うかもしれませんが、正直これくらいの数字は死守しなければならない最低限の数字。これくらいの数値を目指さない限り、ビジネスの成長もありません。また将来的に事業が回らなくなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

 また「取り扱っている商品は女性向けのアパレル商品を無在庫販売…」とのことですが、

・無在庫で大量の商品を登録している。
・そのために商品管理にスタッフが10名も必要になっている

 こうした状況を招いているものだと思います。ただし、月商3,000万円を本気うのであれば、繰り返しますが2〜3人程度の従業員だけで十分です。

 例えば私の関連会社の話をすれば

・商品数は全部で100種類程度。
・売れている上位5商品だけを楽天やYahoo!ショッピングに出品する。
・外注を使って売れたらその対応をお願いするだけ。
・こうすることで管理が不要になる。

 結果として、ビジネスのキモであるマーケティングをする以外のスタッフは雇用せずに、これだけの月商を確保することができています。

 また、購入率もおおよそ3〜4パーセント。購入率だけ見ても、今回のケースと比較して単純に17〜22倍の差。これは、売上を出すために必要なアクセスも17〜22分の1以下で良いことを意味します。こうなればアクセスも1日200〜300前後でOK。管理コストもほとんどかかりません。加えて、私の関連会社の場合、客単価も1万5,000円程度を維持することができています。

まだまだ色々といじれる変数があるということ。

 総じて言えることは、まだまだ色々といじれる変数があるということ。とても惜しいところまで来ているので、一つずつの変数や要素を改善すること。もう一度見直すことが重要です。

「今後は別会社で男性向け商品を作って横展開、あるいは女性向けで店舗を増やすこと。また、自社サイトをカラーミーなどで作ることや広告を始めることも検討しています…」とのことですが、

 別会社で男性向け専門店を作るよりも、まずは今行っているビジネスをどう改良していくかに力を入れるべきです。

 また、広告でブランディングは形成できません。広告というのはあくまでアクセスを集める手段。既にもう十分過ぎるアクセスが集まっているため、これから新規で広告を始めることは基本的に不要です。加えて、女性向けで店舗を増やすのではなく、むしろ店を減らすこと。商品数を絞ることを優先して下さい。

 もちろんカラーミーで作ることも一つですが、この場合はアクセスを流す必要が出てきます。ただし、既に客単価4,000円で月商1,000万円売れているということは、月に2,500人の購入者リストが獲得できているわけです。その購入者リストにメールを流すなどをすることで、一発で自社サイト(カラーミー)に誘導することできます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-22 | Posted in ネットショップ, 無在庫Comments Closed