Amazon輸出。無在庫出品者が増えて商品の売れ残り感が出る?購買意欲を損ねない?

現在、副業として無在庫出品で米Amazon輸出ビジネスを実践中です。Amazonというプラットフォームに商品登録をしていてふと思ったのですが、私と同様にAmazonに無在庫出品している人を良く見かけます。実際、私が出品しているある商品も、かなりの数の人が無在庫出品をしているため、ユーザー目線で見ると、この商品売れ残っているのでは?とも見えます。購買意欲を損ねる要因にならないかと心配していますが、どうでしょうか。

.

この部分はあまり心配し過ぎる必要はありません。人はあくまで欲しいからその商品を買うのであって、売れ残っているのかどうかで商品の購買を判断するわけではありません。

在庫にかかわらず、欲しいからその商品を買う。

「購買意欲を損ねる要因にならないかと心配していますが、どうでしょうか…」とのことですが、この部分はあまり心配し過ぎる必要はありません。

 人はあくまで欲しいからその商品を買うのであって、売れ残っているのかどうかで商品の購買を判断するわけではありません。

 実際に自分自身がある商品が欲しいと思った場合に

・その商品名をAmazon内で検索する。
・その中から安く買えて、かつ一番対応がよさそうな人(販売先)を選択する。
・レビューも高く信頼できる先から商品を購入する。

 といった流れです。

 この際、欲しいと思っていた商品の在庫が豊富にあることが

・売れ残っていると勘違いさせる要因になる。
・買おうと思っているユーザーの購買意欲を損ねる要因になる。

 といったことは、ほとんどありません。あったとしても誤差の範囲です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-20 | Posted in Amazon, せどり, 無在庫, 転売, 輸出Comments Closed