在宅ライターを輸入転売ビジネス。長く稼ぎ続けることができるのはどちらですか?

在宅ライターを輸入転売ビジネス。長く稼ぎ続けることができるのはどちらですか?

.

仕事自体の将来性というよりも、どちらが自分のライフスタイルに合うのかが重要です。

どちらが自分のライフスタイルに合うのかが重要。

「在宅ライターを輸入転売ビジネス。長く稼ぎ続けることができるのはどちらですか?」とのことですが、仕事自体の将来性というよりも、どちらが自分のライフスタイルに合うのかが重要です。

 別のよくあるご質問で、自分がどういうライフスタイルを送っているか。それによって、その人にとってビジネスが合う合わないがある。

 例えば、転売とせどりを比較するなら、会社の帰りに本を仕入れに行くせどりのスタイルが合っているという人もいる。一方で、週末など定期的に海外に行って仕入れが出来る輸入転売のスタイルが合うという人もいる、という話しを紹介しました、

 同様に、果たして在宅ライターと輸入転売ビジネス、どちらが自分のライフスタイルに合うのかを考えて選ぶことがオススメです。

薄給でも安定収入。リスクありでも大きく稼ぐか。

 例えば、在宅ライターはアルバイトとほぼ同じであり、やれば確実にお金になります。

・薄給でも良いから安定した収入が欲しい。
・確実に収入が欲しい。

 こういった場合は在宅ライターを選ぶほうがよいでしょう。

 一方で、

・リスクを取ってでも良いからとにかく大きく稼ぎたい。
・宝探しのように商品を見つけるのが楽しい。

 こういった場合には、輸入転売ビジネスを選んでも良いでしょう。

 ただし、在宅ライターの場合は働いた時間や作業量がそのままお金に変わりますが、輸入転売ビジネスは違います。転売は、仕入れありきで利益を生むもの。働いた時間や作業量がそのまま稼ぎに直結するわけではありません。もっと言えば、大赤字になるリスクもあります。

 それぞれの要素を並べてみて、どちらがライフスタイルに合うのか判断する。これがオススメです。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-16 | Posted in せどり, 稼ぐ, 転売, 輸入Comments Closed